chocolat et moi ~パリに恋して~@France


2007年8月末渡仏。ポワチエ⇒アルビにて仏人の彼+猫1匹と共に生息中。美味しい話、旅の話それから日々のことを綴っております。フランス在住の方も、そうでない方も仲良くして下さい♪
by goody0430
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:レストラン ( 17 ) タグの人気記事

ブラッスリーAlchimy(アルシミ)。

今年の初めに行ってガッカリだったレストランAlchimy(アルシミ)。※その時のお話はコチラよりどうぞ

あれ以来、全然注目もせず前を通っても素通りだったのですが...(笑)

実は先日から某口コミサイトで上位に食い込んでいる上に、

かなりの良い評価を受けているのを見つけました。

しかも、私たちが食べたランチもかなりの高評価。

超気になったので、レストランのHPをチェックしてみてビックリ!

前回行った時はメイン+デザート+カフェだったのに対し、

現在は前菜+メイン+デザートで同じ料金18.90ユーロ。
※前菜+メインもしくはメイン+デザートのみの選択も出来、その場合15ユーロ。

と、少しランチのシステムが良い方向(お得な感じ)に変更されていたのです。

じゃあ、行ってみようという訳で、早速今日のお昼に行ってみました。(笑)

サービスは前回同様悪くはありません。

で、今日のランチメニューは

前菜:秋のスープ、マロンクリーム添え。
f0127349_121410.jpg
前菜もスープだからかたっぷりと。スープは正直普通でしたが、上のマロンクリームは美味でした!


メイン:ゴマ付きサーモンのパヴェと昔野菜のウォック(中華鍋)炒め
f0127349_1211285.jpg
メインのサーモンもご覧の通り大きな切り身でボリューム満点。ちなみに、彼の方は更に厚みがあって美味しそうでした。(笑)下に添えられたウォックの野菜たちは中華味ではなく普通にフランス風のコッテリだけど美味しいソースでした。


デザート:アラカルトのデザートより選択。(カフェグルモン以外で)
彼が選んだワッフル(チョコレート、マロンクリーム、生クリームはお好みで)。
f0127349_1212243.jpg
私が選んだ変わりティラミス(キャラメル塩バターとカフェが混ざったソースを自分で掛けます)。
f0127349_1212883.jpg
デザートは前回同様ガッツリです。ガッツリし過ぎ、このスペキュロス付のマスカルポーネ玉が巨大でこれを丸々食べてしまった私は未だに胃もたれ中。。。お腹空きません。歳のせいか...涙

アルビでこの値段なら他よりは若干高めではありますが、前回のガッカリを覆してくれて、悪くないな〜と思ったのでした。ランチの行き場に困ったら是非お試しあれ〜。

Alchimy(アルシミ)
10-12 place du Palais
81000 ALBI
05 63 76 18 18
ランチタイム : 12h ~ 14h
ディナータイム: 19h30 ~ 23h




いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2015-11-19 01:43 | ●Albi

トリップアドバイザー1位の店に行ってみた。

題名の通りなのですが、昨日ランチにトリップアドバイザーでアルビのレストラン部門で1位になっている
f0127349_2257395.jpg
ô'bodegas(オボデガス?)と言うレストランに行ってみました。

以前から気になってはいたものの、ずっと行かないうちに、新装した模様。

ちょっと前までは、バーベキューグリルでももっとブラジル料理を押してる感じだった気がしたのですが。。。

今はバーベキュー、グリルと言うただのフランス流肉焼きレストランになっているようです。

で、昨日のランチ。(ランチメニューは13.50ユーロで前菜+メイン+デザート+コーヒーとお得です。)

前菜は鴨の砂肝のサラダか本日のサラダ(ジャガイモとトマトモッツァレラなどのサラダ)、

メインはタリアテッレのカルボナーラかcabillaud(真ダラ)のバジルソース添え

デザートはイルフロタントかフルーツサラダとレモンシャーベット。
※私が頼んだものをオレンジ色にしてみました。

既にこのランチメニューでもぱっとしなかったんですが、試しに頼んだのでした。

ちなみに、彼は本日のグリルの牛ステーキを頼み、ボリュームはありますが、可もなく不可もなくといった感じ。

この日が運悪かっただけなのかどうなのか分かりませんが、

全くといって良いほど「美味しい!」と思えるものがなかったのであります。。。

特にランチのメインの魚は完全に冷凍と分かるもので、ソースの脇から魚の汁が出ておりました。。。

そして、添えられたソースも全然ダメ。

夜にアラカルトやメニューから頼むと違うのでしょうか???

安かったから文句は言いませんが、それでも酷い感じです。

これでどうやって1位を取るの?サクラが書いてるんじゃない?などと妄想が膨らむばかり。

トリップアドバイザーにちょっと疑問を抱いてしまった私と彼でした。。。苦笑い

今回紹介していますが、特に行くべきレストランではないです。。。旧市街から若干遠いですしね。苦笑い



いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2015-08-08 23:25 | ●Albi

パリではラーメン。

パリに行ったら、必ず行かないと居てもたっても居られないところ。

それが、なりたけというラーメン屋さん。

オペラと言うか、ピラミッドの駅から数分のパリの日本食街にあります。

これを食べにパリへ行きたいといっても過言ではないほど、食べたいラーメン。

これらは先日食べたラーメンさんたち。f0127349_19542221.jpg
f0127349_19543073.jpg

背脂たっぷりで、とんこつ大好きな私でも大満足のラーメンです!

1つ注文をつけるとすれば、(太ちぢれ)麺ですが。。。やっぱり私は細いストレート麺が好きなのです。

しかし、パリでこのレベルの美味しいラーメンが食べられるという幸せ♪

あー、考えただけでもよだれが。。。

そして、またパリに行きたくなってしまうのであります。。。

パリで日本食が恋しくなったら、是非一度行ってみて下さい。ってかなり有名だからもう行ってるでしょうか?笑

なりたけ
31 Rue des Petits Champs
75001 Paris
昼11:30~15:00/夜18:30~22:00 
定休日:火曜日







熊本もっこすラーメン 123g×10個
五木食品
売り上げランキング: 189

ラーメン大好き小泉さん 1 (バンブーコミックス)
鳴見 なる
竹書房
売り上げランキング: 2,165





いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2015-06-08 20:10 | ●Paris

ムッシュ・ムラカミ。

先週の木曜日、アルビ近辺在住の日本人の新年会と称して、

アルビの裁判所の直ぐ裏に出来た新しいレストランへランチに行って参りました。

そのレストランは、ランチで日替わりのメインのみで12.90ユーロ、

日替わりのメイン+デザート+カフェのセットで18.90ユーロというアルビにして割高な値段設定。

ランチタイムにアラカルトからメインとデザート、そして前酒とワインを頼んだらしい知り合いは、

昼間っから80ユーロ(日本円で軽く1万円以上!)も掛かったと聞いていただけに、

ドキドキ&好奇心一杯で先日予約無しで行ってみたら、満席で行けず、

翌週の新年会にリベンジで行ってみたわけです。

先週の木曜の日替わりメインはこちら↓。子羊の煮込みとパネのピュレ。f0127349_0435973.jpg
まず、第一声に「少なっ!」という声が無意識に出る量の見た目でした。そして味はごく普通。

家でも出来そうな子羊の煮込み。マズくはないけど特別超美味しいという訳でもない。

パネのピュレは私は好きだったけど、これを頼んだ半分の人が好きじゃないという結果。(笑)

1/3の人は羊が嫌いなどでアラカルトからメインを注文しましたが、

1人以外普通もしくは、普通以下とのこと。。。苦笑い

続いて、セットのデザートはアラカルトから選ぶので、私はメレンゲ付きレモンタルトをチョイス。f0127349_0444287.jpg

デザートは基本デカイ!どっちかと言うと、デザートの方が美味しい気もしましたが、

私の頼んだレモンタルトはレモンの酸味が全くしない、レモン風クリームタルトというのが正しい感じでした。(笑)酸っぱいの好きじゃない人には良いかもしれません!

そんなこんなお料理でもやっぱり日本人が集まれば楽しいわけで、楽しいお食事会となりました。

食後の紅茶も飲んだし、さあ、お会計して出ようという時に勃発したサプライズ。

お会計のレシートを持って来てくれたおじさんが、

『レシートに書かれている値段から24ユーロ引かせて頂きます。』

と言うのです。

思いがけない値引きにビックリして、なぜなぜ???となっている私たち。

『今朝ムッシュ・ムラカミという人が今日の日本人のお食事会にプレゼントということで、支払ったのです。確か、日本の有名な作家と仰ってました。』

と言うではありませんか。

え?え?え?まさか!とパニクり出す日本人女子。

そこで、私が「そう言えば、今朝彼がBFMTV(ニュース専門チャンネル)で日本の有名な作家がアルビに来たとか来るとか言うニュースが書いてあるのを見たって言ってたよ!」と今朝の彼の言葉を思い出したので言いました。

それからもう、私を含めたみんなは大パニック!

『え!日本の有名な作家?』『ム、ムッシュ・ムラカミ?』

『え〜、ムラカミハ○キなんじゃない?』『でも、ムラカミリ○ウも居るけどどっち?』

『え?なんで私たちのために支払ってくれるの?』『でもなんで24ユーロだけ?』

『世界遺産になったアルビだし、次回作でアルビのこと書くのかな?』

『その辺歩いてるのかな?』『あー、会いたいね。そして一緒に写真撮りたい♪』などなどなど...

私たちの頭の中では想像がどんどん広がる一方。

しかも、幸か不幸かこのレストラン、ホテルも上に併設されており

今はまだ開いていないと思うのですが、超高級ホテルとして部屋数はたったの4つで

新しい劇場に来たVIPな方や、有名人が泊まるようなホテルとしてオープンされる予定なのです。

それも手伝い、

『まさか、有名な作家のムッシュ・ムラカミならここに泊まっててもおかしくないしね』

『朝食をホテルで食べて50ユーロから払ってその残りが24ユーロでそれを私たちに残してくれたんじゃない?』

などなどと妄想は広がる広がる。(笑)

サービスのおじさんにも「どんな容姿だった?」「何歳くらいに見えた?」「ここに泊まったの?」

などと質問攻め。

『私は実際に会っていないので分かりませんが、予約欄に同僚が書いているので間違いありません』

と言うのです。

とにもかくにも、15時前くらいになりつつあったので、払うだけ払って出て行くことに。

しかし、謎が謎を呼ぶ。納得しない気持ちと裏腹、ムラカミハ○キ氏かリ○ウ氏に奢ってもらった

気分の良い私たちは、アルビにある一番大きな(と言ってもかなり小さい)書店に行ってみよう!

という訳で行ってみるも人は少なく、有名作家がサイン会を開いてる様子も無し。(そんな想像まで)

万が一と言うこともあるので、レジ係のお姉さんに聞くも『そんなの聞いてもない!』とのこと。

他にももっと小さい書店はあるけれど、とにかく、一旦家に来てもらう予定だったので、

家に行こうというところで、ニュースを見たと言う彼に

『ムッシュ・ムラカミ』がハルキなのかリュウなのかを確認するつもりで、電話をしたところ

何故か大爆笑の我が彼。。。

最初は何が何だか分からなかったのですが、完全にムッシュ・ムラカミに奢ってもらったと思っていたので

簡単に言うと、私の彼の大仕掛けのBlague(冗談)だったのです。

ニュースを見たと言うところも、計画して言っていた彼の嘘だったのでした!

もう、私たち日本人完全に騙された!!!全く疑う余地すらなかったんですから、かなりの大成功。

そして、これが私の彼が仕掛けた冗談だと分かっても消えなかった謎の24ユーロ。

それは、私が2024年までの10年カードを取得したので、その24から取ったのだそうで。。。

何とも細かい。。。(笑)

日本人みんないい人たちで、やられたのに、うちの彼にブラボーとお褒めの言葉を頂ける程でした。

そして、何よりも人生でここまで大成功したBlagueはないと誇らしい彼...苦笑い

一生忘れることの出来ないような、ちょっと愉快で得したサプライズでした。

話がだいぶ反れましたが、そうそう、このレストランはかなり微妙でした。。。苦笑い

やっぱり値段設定も高めなのが納得いかず、もう行かなくていいかなーというのが正直なところ。

一応、レストラン情報載せておきます。
ここに行くならば、他のアルビのレストランの方がお得で美味しくて見た目も良いものが食べれると思います。が、リッチな方で是非行ってみたいという方は是非。
客層は完全に良い物を身に付けた方々。お金持ちなお客さんがいつまで来てくれるのかが気になるところです...

Alchimy(アルシミー)
10-12 place du Palais
81000 ALBI
05 63 76 18 18
ランチタイム : 12h ~ 14h
ディナータイム: 19h30 ~ 23h
週末は特に要予約とのことです。



いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2015-02-03 02:07 | ●Albi

2014年アルビで〆の忘年会。

旅行記が途中のまま放置されておりますが...旅行記は出来るだけ早くつづきやります!宣言します!(笑)

今日はできたてホヤホヤの11月18日の昨日行った忘年会のお話を。

今回は私が幹事として(でも、予約以外たいして何もしていない...名ばかりの幹事!笑)

アルビ近辺に住んでいる方に連絡をしたのですが、なんと16人もの日本人が居たのです。
※実際には+2〜3人の日本人が居るようですが。

改めて、確認することがなかったので16人という数字にビックリしつつも

日本人がこんなに小さなアルビでこんなにも増えていて嬉しい発見でもありました。

さて、そんな昨日。

忙しい中、10人の日本人の方々が忘年会と言う名のお食事会兼女子会に参加して下さりました。

場所は、第一候補のLa Part des Angesは大型グループの先約があると言われ、却下となり

第二候補のCascarbarは11月24日まで改装工事中でダメ。。。

第三候補までは考えていなかったら、今回参加の友人が『Le Bruit en Cuisine』は?と言うことで

電話してみたところ、なんとバカンス中!

しかし、幸運にも11月15日(土)より再開とのことで、土曜のマルシェの買物に行きがてら

予約をしにいって参りました。(私でなく彼が!笑)

すると、『冬の時期は平日のランチは基本やってないんですよ〜、グループ客のみ前もって予約してくれたらやってはいるんですが。』とのこと。

彼もすかさず、『11人のグループなんですが...』と交渉したらあっさりOKが出たようで

『予算はいくらですか?予算によってメニューを考えるので、決まり次第メールで知らせします。』

という訳で、日曜にメニューを頂き、悪くなかったし、何よりもレストラン貸し切りとなることが嬉しくってOKさせて頂いたのでした!

で、頂いた昨日のお料理はこちら↓↓↓。
f0127349_2115032.jpg
美味しいお食事にワイン、そして何よりも楽しい会話に花が咲き、

新しい日本人を2人を囲んでの楽しいお食事会となりました。

15時過ぎまで長々と居座っても文句も言わずに対応してもらって感謝。

その後は、我が家でお茶会。(笑)

いくら話しても話すことは尽きないもので、あっという間に夕方の6時を過ぎ

楽しい会もお開きとなりましたー。

年越す前にアルビの新しい方々に会えて、そしてお馴染みのみんなとも大集合できて良かったです。

ドタバタ幹事ではありましたがアルビでの2014年大忘年会は成功に収まりました(笑)


という訳で、実は私年末年始を日本で過ごす為に、来週末に日本に帰国致します!

準備はぜーんぜん進んでおりませんが、今から楽しみで仕方ありません(笑)

でも、その前に旅行記を終わらせようと思っているので、頑張ります。。。苦笑い



Le Bruit en Cuisine(ル・ブリュイ・オン・キュイジーンヌ)
22 rue de la Souque
81000 Albi
Tél. : 33 (0)5 63 36 70 31


いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2014-11-19 21:52 | ●Albi

l'Esprit du vin(レスプリ・デュ・ヴァン)★

※注意※このレストランは2015年3月末を持って閉店しました。。。残念。

先日、誕生日を迎え33歳になりました。めでたいのかめでたくないのか歳のせいで微妙です(笑)

そんな誕生日の夜に行ったレストランl'Esprit du vin(レスプリ・デュ・ヴァン)のご紹介です。

アルビでは唯一ミシュランの星を持っている一つ星のレストランです。

食いしん坊の私なのでずっと前から行きたかったですが、なんせとってもお高いレストランのため

今の今まで行ったことが無かったのでした。よって当日は大興奮の私。

大きな声では言えませんが、フランスに住んで7年経ちますが星付きのレストラン行ったの初めてです。

そう言うわけで、おめかしして20時50分に自宅を出発!

まだ明るくお散歩気分でレストランへ向かいます。

予定通り到着し予約の名前を言うと入って直ぐのテーブルを案内されました。
f0127349_2158222.jpg
そこで、このレストランでのメニューのことや今回私たちが利用する「あるもの」を使ってのコース等の説明が一通りあり、嫌いな物やアレルギー等を聞かれた後、前酒を勧められたので、せっかくだしということで、ガヤックのスパークリングワインそしてガスウォーターを注文。
f0127349_21595971.jpg
すると、前酒と一緒にというのでこんなにも沢山のお通し(って言ったら申し訳ない感じの所謂Mise en bouche=カナペ)を出して頂きました。

※以後、私たち2人は一生懸命お料理が何なのか説明してくれるので聞いてはいるんですが、目の前の鮮やかなもの達に興奮するやらなんやらで何が何だか記憶が飛び飛びになっておりました。その為、以下のお料理の名前や具材は私たちの想像も入っていることをご了承下さい。。。苦笑い

左からオリーブのフライ(種付き)。
f0127349_21595353.jpg
マグロ(多分?魚なのは確か)のリエットとオリーブのタポナードとマカロン風ビスケット。
f0127349_2213162.jpg

フォアグラのスモーク鴨の胸肉巻き。
f0127349_2211817.jpg
あ、天ぷら風(いや、完全に天ぷらです。でも何なのかは不明)なのはアップ写真無しです。。。

なんだか、これだけでも胸いっぱいでお腹いっぱいな気がします。(勿論気だけ。笑)

次に運ばれてきたのは前菜。アスパラガスのスープ、フォアグラのクネル添え。
f0127349_22618100.jpg
運ばれたときは以下の写真の通り、最高に気持ちを上げてくれる演出です!
f0127349_2224985.jpg

開けると煙がもくもく出ます!
f0127349_2234779.jpg
まだ煙っててなんかファンタジーで素敵♪
f0127349_2244758.jpg


スープの中に何だか茶碗蒸しのようなゆるく固まったものがありましたが、全くもってそれが何だったのかは不明です。

お食事に合わせてワインを1杯頂きましたが、どこのなのかはもう全く見ていなかったのですが。。。100%ソーヴィニョンというフルーティながらもとってもしっかりとした味の超美味しい白ワイン!彼はブルゴーニュだったような気がするというのですが、果たして。。。!?

続いて、お魚。サーモン。
f0127349_2275497.jpg
サーモンの下に敷いてあるのはピンクグレープフルーツ。左のアスパラガスがお隣のTarn et Garonne県産と言うことだけはしっかり聞いていたのですが、サーモンがどうされて、周りには何があって...って言う説明は完全に耳から入って直ぐにスルーして出て行ったので全く覚えておりません。。。あ!右側の緑の塊に立ってるお花はキュウリのお花で、葉っぱはなんと“牡蠣”の味がすると言う葉っぱなんです。味見してみて本当にあの牡蠣の風味が凄くしました。本当摩訶不思議!

実はここでもうメインが終わり、次はデザートだろうと思っていた私たち。。。恥

続いてきたのは、お肉。カネット(若いメス鴨で普通の鴨より小柄)と春巻。
f0127349_2213332.jpg
春巻の中身もカネットが使われていました。唯一、この春巻だけ少ししょっぱかった気がします。が、カネットはお肉が柔らかく、中にピーマン・ド・エスプレット(バスク地方の唐辛子)ソースががとっても良い感じのアクセント!辛いの苦手なフランス人でも食べれるくらいですので安心です。
f0127349_2214178.jpg
ご覧と通り、意外と大きなお肉で食いしん坊な私でも食べきれず彼にお裾分けしたくらい(笑)

カナペに前菜、メインはお魚にお肉と既にお腹はぱつんぱつんになっておりましたが、

やっぱりデザートは別腹!

まずはプレデザートとして出て来たのがこちら。いちごシャーベットなどの真っ赤っかスペシャル。
f0127349_2216392.jpg
花びら付きで常にお洒落。下はかき氷風になって涼しげです。

そして、本物のデザートはこちら。もう、名前なんてどうでも良いかも。(笑)
f0127349_22174296.jpg
元々は真ん丸だったのですが、熱々チョコレートを上から掛けてキレイに融かします。もう全ての演出にいちいち感動する私達。豪華なレストランに慣れてないと困ります。。。苦笑い

こちらは融けてパックリ割れた後にチョコ部分を取ってみました。
f0127349_2219481.jpg

中にはフランボワーズ、フランボワーズのソルベ、そしてヌガーのアイスクリーム入り。下にはホワイトチョコがクッキー風味となってます。もう、今思い出しただけでももう一回食べたい感じ。

最後に、デカフェインのエスプレッソ(私)とフランボワーズの紅茶(彼)を頂きました。

一緒に出て来たチョコレートは勿論、アルビならではのミシェル・ブランのチョコレート♪

普段行くレストランには私たちにはちょっとお高いのですが、この内容なら納得!!!と言う感じ。

そうそう、最後に。

今回私たちが使った「あるもの」とは...これ。
f0127349_23204083.png
Albiの観光案内所で買える、プレゼント用レストランカード。

実はこれ(94ユーロ)で前菜+メイン+デザート+ワイン1杯+コーヒーのコースが2人分のお値段。

このカードで行けるレストランは、
- L'Esprit du vin
- L'Epicurien
- La Table du Sommelier
- La Fourchette Adroite(閉店)⇒La Part des Anges(先日ブログに書いたとこです!)

この中で l'Esprit du vin意外は全部行ったことがあるのと、普通なら一人でこれくらいかかるl'Esprit du vinなので、お試しにということで彼が買ってくれたのでした。

誕生日に使うというつもりは無かったのですが、他に行く機会も無いしと言うことで、めでたく星付きレストランデビューを飾ったわけです。でも、お得なカードで(笑)

行ったきっかけはなんであれ、本物のガストロノミーなモダンなフランス料理を味わったという感じで、大大大満足。お腹は勿論のこと目も鼻も心も全て癒された素敵な誕生日ディナーとなりました。

アルビで美味しいフランス料理に舌鼓をしたいと言うご予算がある方には絶対にお薦めです☆
予算が無くてもアルビの観光案内所でこのカードを買って是非お試し下さい!

旬のものを美味しく素材を活かしたお料理をすると言うシェフのDavid Enjalranさん。アルビに来たら是非一度行ってみてはいかがでしょうか?


l'Esprit du vin(レスプリ・デュ・ヴァン)
11 Quai Choiseul
81000 Albi
Tél : 05 63 54 60 44(要予約)
ランチ :火曜〜土曜 12時〜13時15分(ランチはこの場所ではないようです。※参照下さい)
ディナー:火曜〜土曜 20時〜21時15分
※ランチはbrasserie Esprit Éphémère 13と言うとこのようです。
住所:13 bis place de l'archevêché 81000 Albi
Tel : 05.63.43.03.04

※注意※このレストランは2015年3月末を持って閉店しました。



アルビのホテルを探すなら
f0127349_1534584.gif



いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2014-05-02 23:53 | ●Albi

La Part des Anges(ラ・パール・デ・ゾンジュ)

アルビの新名所Grand Théâtre、Les Cordeliers(レ・コルデリエ)が2月28日にオープン。
その前に一般公開になったので、訪問もしてみましたが、そのお話はまたの機会に。
f0127349_17544540.jpg
写真はある日の夜の様子。携帯写真で画像悪い&ブレブレですが...

ここの4階の最上階に入ったレストランLa Part des Angesに行ってみました!

元々このレストランはこの場書に来る前は、アルビのサント・セシル大聖堂の直ぐ近くにあったレストラン(La Fourchette Adroite)だったのですが、この場所でレストランが出来ることが決まり、元々のレストランを閉め、こっちに移って来たんです。La Fourchette Adroiteは行ったことはなかったのですが、知り合いが行った口コミでは、美味しいと評判でした!

そんな訳で注目してたのであります。

それでは、私たちが頼んだMenu du Marché(お昼のみ)のコースをご紹介します。
※写真は日陰のため、そしてまたしても携帯で撮ったので写りが悪いですが・・・ご了承下さい。

まず、Entrée(前菜)。
サクサクシェーブル(ヤギチーズ。上)とサバのリエット(緑はアボガドソース。下)。
f0127349_17522758.jpg
f0127349_17533762.jpg

色は写真のせいで悪いですが、両方とも重くなく美味しかったです♪

Plat(メイン)。
鯛のソテー(周りの泡はココナッツ風味。上)とチキンカツのディアブルソース(ディアブルは敢て訳しません笑。下)。
f0127349_1754825.jpg
f0127349_17535778.jpg



Dessert(デザート)。
とろとろチョコレートケーキ(緑はピスタチオソース。上)とパッションフルーツのパンナコッタ(下)。
f0127349_17541249.jpg
f0127349_17542217.jpg


どれも美味しく、繊細な味でアルビのお気に入りレストランに追加です♪

ちなみに、価格は以下の通り。
Plat du Jour(日替わりのメイン):10,50 €
Entrée+Plat ou Plat+Dessert:14,00 €
Entrée+Plat+Dessert:16,00 €
アルビ価格で高くありません!!!
※夜のMenuは23ユーロから。次回は夜に行ってみたいと思います☆

16ユーロでコレだけのものを食べれれば大満足です。

選択肢も2種類、メインは必ず肉か魚になってるようだし、本当いい感じです。

しかも、この眺め。
f0127349_1753126.jpg
金網があり、アルビを一望とまで言いませんが、そこそこの高さから見れるのもポイントです。

昨日は天気も良く外のテラス(でも日陰)で気持ち良く頂きました〜!

ただ1つだけ言うならば、アルビでは今大注目の場所と言うこともあって、ランチでも予約必須。

アルビでレストランに困ったら是非行ってみて下さい♪本当お薦めです。

La Part des Anges(ラ・パール・デ・ゾンジュ)
Grand théâtre d'Albi (4階部分直通エレベーターあり)
Rue des Cordeliers
81000 Albi
Tél : 05-63-49-77-81
今のところ、要予約!
平日:朝(何時か不明)〜22時
週末:朝〜22時半までノンストップで開いてるようです。



10皿でわかるフランス料理
松嶋 啓介
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 7,775


アルビのホテルを探すなら
f0127349_1534584.gif



いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2014-04-02 19:45 | ●Albi

Le Jardin des Quatre Saisons

先日、久々にアルビでランチしてきましたー。

Cascarbar(キャスキャーバー)へ行こうと言っていたのですが、(前に行った時の話はコチラ)

なんとバカンス中

オフーシーズンにはよるあることなので、しょうがない。

という訳で、突如どこに行こう???となって決まった行き先は

Le Jardin des Quatre Saisons(ル・ジャルダン・デ・キャトル・セゾン)というレストラン。

アルビ旧市街からポンヌフ(新橋)を渡ってちょっとしたとこにあります。

ランチは15ユーロから。15ユーロの内容はメイン+デザート。

メインもデザートも選択肢が豊富で何にしようか悩みましたが、サーモンにしました。
f0127349_2217880.jpg

デザートは何の変哲もない、イルフルタントを選んだ私。(笑)
※イルフルタント...カスタードソースにキャラメルソースの掛かったメレンゲのデザート。

メインはサーモンの中にポワロ葱が包まれてて、濃厚ソースと共に美味しく頂きました。

添え物のキノコのタルトも、ピュレ(マッシュドポテト)も美味。

15ユーロで美味しいお魚料理が食べれるので、ランチはお得感ありです♪

お昼も勿論大丈夫ですが、夜は28ユーロから。

アルビで美味しいお魚料理を食べたくなったら、ここはお薦めです。

でも、やっぱりランチが一番お得かも!(笑)


Le Jardin des Quatre Saisons
5 rue de la pompe
81000 - ALBI
Tél . : 05 63 60 77 76
日曜、月曜が休業日。



いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2013-11-14 22:31 | ●Albi

北へ北への旅。〜2012.06〜美味しい物話。

ようやく完結したと思いきや、美味しい話をしない訳には終われません(笑)

という訳で、この旅で食べた美味しいネタを最後の最後に!

まずはパリで食べた美味しい物を。

パリでは、以前にも書いたように(その記事はこちらよりどうぞ)友達のお姉さん夫婦との夕食!

変なとこには案内できないし、

我が彼がいつもいいお店を見つけてくれると期待して下さってるのもあり(笑)

美味しいレストランをと思って探すも、やっぱり住んでない街の美味しいお店探しって難しい!

勿論、今までに行った美味しいとこでも良いけれど、

私も久々のパリだし新しい良いお店の発見もしたいなーと更に複雑な状況に。

で、困り果てた私。

そこで彼がAちゃんがパリにいるから聞いてみようか!と。

彼女、彼の友達にの中でもずば抜けてオシャレでセンスも良く(フランス人の若い子には珍しく?良いブランドのお高い服を着てるんです)、しかもキャメロン・ディアス似のべっぴんさん!

私はそんなAちゃんに1度しか会ったことがないのですが、それでも鮮明に覚えてる好印象さ!

センスもいいし、育ちも良さそうだし(自分は棚に上げ、偉そうに。笑)

彼女のお薦めのレストランなら良いかも!!!と言う訳で、直ぐに聞いてもらいました。

で、教えてもらったレストランのお料理達がコチラでーす。

まずは前菜から。

巨大アスパラガスのサラダ?だったかしら。とにかく巨大でもやわらかくて美味しかった〜♪f0127349_4575929.jpg
ベットラーヴ(甜菜、ビート)...詳しくは忘れてしまいましたが、手の込んだ旨さ!見た目も◉。f0127349_4573927.jpg

メインは、エビのソテー。香ばしく良い焼き加減!添えてある茄子も美味!f0127349_4535875.jpg
子羊の煮込み。これがなかなか美味しゅうございました!
f0127349_4485818.jpg

デザートは何だったか見事に忘れちゃいました。たぶん、キャラメルとか洋梨とかだった気が。。。f0127349_4484029.jpg
こっちは春巻の中にバナナ。
f0127349_4475197.jpg



と言う感じです。

前酒にお店のお姉さんのお薦めの甘いロゼを。それもとーーっても美味しかった☆

パリってレストランが多過ぎてなかなか手頃な価格で美味しいところって見つけにくいですが、

ここは本当に大満足の美味しいレストランとなりました。

お姉さん夫婦にも喜んでもらえたみたいで、一安心。

パリに行ったらまた行かなくっちゃ♪という訳で、本当は内緒にしておきたいですが(笑)

Au Bougnat
26, rue Chanoinesse
75004 PARIS
+33(0)1 43 54 50 74



さて、次にこの旅で美味しかったところ。

ルーアンにて最後の大雨の夜に食べたレストラン。

前菜は中に何が入ってたか忘れちゃいました。。。サーモンだったかな。た、たぶん。
f0127349_504729.jpg
こちらは野菜のクランブル。
f0127349_4594069.jpg

メインは鶏料理。この辺のチーズを使ったソース添えと共に。
f0127349_4591013.jpg
そして、これが私たちに大ヒットした豚ロースのヌフシャテル(チーズ)&蜂蜜のクリームソース。
f0127349_4594212.jpg

デザートはタルトタタン。巨大です!f0127349_4575680.jpg
こっちはパイナップルのカルパッチョ。サッパリです!
f0127349_4581861.jpg

と言う感じ。

ま、知らない観光地な街でお手頃価格でこれくらいなら成功した方だとおもいます。

観光地のレストラン(でお手頃価格)は結構危険ですからね!(笑)

La Table Des Hôtes
23, 25 Place de la Pucelle
76000 Rouen
+33(0)2 35 71 19 54



そして、最後におまけ。
f0127349_54004.jpg
こちら、先程ルーアンのレストランのメインにて使われていたNEUFCHATEL(ヌシャテル?ヌフシャテル?)と言うこのノルマンディー地方の名物チーズ。

お土産にカマンベールも勿論買ってきましたが、こちら形もかわいいでしょ?

という訳で、載せてみました。

ちょっとお塩が利いてるチーズなんですが、旨いんです♪

私たち用にこれ(結構大きいんですが)2個買ってきましたが、あっという間に無くなってしました。

勿論、カマンベールも直ぐに無くなり。。。

やっぱり本場のチーズは美味しいな。。。また食べたい。

という訳で、長々と失礼しましたー。

今度こそこの旅のお話は完結です!

ギリシャに発つ前に終わらせておきたかったので、良かった。。。ふ〜〜〜〜。



いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
チーズ
[PR]
by goody0430 | 2012-07-01 05:47 | ●Paris

Lou Sicret(ル・シクレ)

友人が居た間のお話を♪

まずは、美味しいお話から。

という訳で、2人来た友人の2人ともを連れて行ったお気に入りのレストランをご紹介。

ここは、何度も行ったことがあるのですが、いっつもランチばっかり。

ランチは勿論、どれも美味しいのでアルビの中心地でのお気に入りのレストランの1つ。

※ちなみに、以前にも一度ブログのネタに書きました。全然関係ない話ですが⇒コチラ...

それに、何より家から直ぐそばなのも便利(笑)

ちょっとここから話は長くなりますが・・・

そんな、ある日ランチでお隣に座った中年カップル?が

ランチメニューではない、普通のメニュー(メニューリストと言うかメニューが書かれた冊子)より

Purée du pauvre(ピュレ・ドュ・プーブル=貧乏人のマッシュドポテト?写真は後のお楽しみ。笑)

と言う名の巨大な美味しそうなものを頼んだではありませんか。

それを目にし、興味津々の私たちにお隣さんが、

『これおいしんだよ〜〜!ここの名物だからね。』と。

それでまでも、いつか夜に食べに来たいねーとは言っていたんですが、

それを見たことには、もうあれを食べなくちゃ始まらない!ってことで

ついに、ある日のランチについに食べちゃいました♪

美味しいし大量だし、ソースも全て良い感じ。それに大っきなフォアグラも♪

貧乏人用にしてはちょっとお高めの21ユーロなのですが、これはんまい!!!

という訳で、最初に戻りますが、パリからの友人が来たときも、

日本からの友人が来たときも連れて行ってきました。

今回は、日本の友人が来たときに頼んだものをご覧下さい♪(全てアラカルト)
f0127349_1245451.jpg
こらち、前菜に頼んだエスカルゴのなんちゃらロックフォールソースとか。それとタパス。ちょっと遠いのでわかり辛いですが、選んだのはブダン・ブロンのペルシヤード炒め。

f0127349_1361421.jpg
こちらが例のピュレ・ドュ・プーブル。このボリューム伝わるでしょうか?

f0127349_13059100.jpg
こちらはこの地方の名物カスレ、鴨のコンフィ添え。大量です!!!

f0127349_13626.jpg
最後のメインは豚の頬肉のコンフィ。こちらも大量!フライドポテトとほうれん草のクリーム添え♪これらも旨し♪

という訳で、デザートも入らないくらい満腹となりました。

3人で3つのメインを頼み、少しずつ味見したけどどれも旨い♪でもやっぱりお薦めはピュレかな。

あと、3人で頑張りましたが、完食は到底無理でした(笑)

それくらい、大量なのです!食いしん坊な私には多いのは嬉しい限り♪

という訳で、友人達も私たちも大満足のお食事を頂けました。


最後になりましたが、お店の感じを。

ここは所謂フランス料理の田舎の家庭的なレストランと言った感じでしょうか。

そして、このミディ・ピレネー地方のお食事ができる、昔のままっぽいのレストランです。

普段は平日の昼間のみランチメニューがあり、前菜+メイン+デザートで15ユーロ程だったかな。

それ以外は夜もいつでもアラカルトのみです。

結構量が多いので、メインだけでも良いかもしれません。

アルビで、この地方のお料理を食べたい!田舎の家庭料理が食べたい!

って時には是非ここに行ってみてはいかがでしょうか?


Lou Sicret
1 Rue Timbal
81000 Albi
℡:05 63 38 26 40
火曜〜土曜のランチ&ディナータイム
夏場は日曜のランチも開いているようです。(私も行ったので確かなはず!)
ヴィガン広場のすぐ側です!
夏場はテラス席が最高♪
また、結構混むので絶対ここでって場合は予約をするか早めに行ってみて下さい。



いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2012-04-25 02:25 | ●Albi


カテゴリ
以前の記事
◆お知らせ◆
毎日の1ポチは元気の素♪
今日も1ポチ宜しくお願いします☆↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

私も利用しているお薦めのホテル予約サイト♪
理想のお宿が見つかります!
f0127349_1534584.gif


コチラに記載の写真・文章等の転載は×禁止させて頂きます。リンクはフリーです。ブログへの感想、ご意見等大歓迎!元気の素です、お気軽にコメント残してってください☆
尚、コメントは認証制とさせて頂きます。当ブログと関係のないコメントは消去させて頂く場合があります。ご了承下さい。

ブログパーツUL5
______________________

◆お気に入りのブログさん◆

司教都市アルビ~Cité épiscopale d'Albi~
アルビへ来る方にお薦め☆超ご近所のカイヤスさんが綴る、アルビの観光情報や街の歴史が学べる賢いブログ。住んでる私もこれで学んでます♪
旅するような生活in南西フランス
アルビにてご近所のなでしこさんが綴る生活旅行ブログ。旅行大好きが高じて日本人向けトゥールーズ・ボルドー発の現地ツアー会社を始めました。興味のある方はコチラ↓↓↓のサイトよりどうぞ♪
南西フランス現地ツアー会社「ラミティエ・ボワイヤージュ」
u-description
大学からのお友達、u-cocoが綴る毎日ブログ♪毎日頑張って偉いぞ〜!
フランス田舎生活〜dans nos campagnes
フランス在住(ロワール地方)、フランス人の旦那様と幸せに暮らすeummieさんの素敵なブログ♪
今、パリに行きます
2007年〜2008年パリで生活した、vivre_a_parisさんの楽しい生活ブログ♪
______________________

ライフログ
◆お薦めの映画◆
大好きなミシェル・ゴンドリー監督の新作!
ムード・インディゴ~うたかたの日々~(特別編) [DVD]
ムード・インディゴ~うたかたの日々~(特別編) [DVD]

見たこと無い方は是非!お薦めです。
永遠の僕たち [DVD]
永遠の僕たち [DVD]

良い映画そのものです。
人生はビギナーズ [DVD]
人生はビギナーズ [DVD]

監督ガス・ヴァン・サントも最高。そしてショーン・ペンの演技力には脱帽です!
ミルク [DVD]
ミルク [DVD]

ガエル・ガルシア・ベルナル最高!
恋愛睡眠のすすめ [DVD]
恋愛睡眠のすすめ [DVD]

生きることそして、死について真剣に考える!
ぼくを葬る [DVD]
ぼくを葬る [DVD]

内容はともかく、色がキレイで音楽が最高!ソフィア・コッポラのセンスが活きてます☆
マリー・アントワネット (通常版) [DVD]
マリー・アントワネット (通常版) [DVD]

パリ&フランスが好きなら絶対外せない!
アメリ [Blu-ray]
アメリ [Blu-ray]

私のお気に入り映画のトップ10絶対入ります!
エターナル・サンシャイン [Blu-ray]
エターナル・サンシャイン [Blu-ray]

初めてみた時の衝撃は忘れません!
ターネーション [DVD]
ターネーション [DVD]


◆お薦めの本◆
パリの街をメトロでお散歩 (地球の歩き方BOOKS)
パリの街をメトロでお散歩 (地球の歩き方BOOKS)

私のお薦めガイドブック↓↓↓。地球の歩き方に飽きたら是非これを♪
パリノルール(2006年改訂版)
パリノルール(改訂版)

改訂版 ガイドブックにないパリ案内 (FIGARO BOOKS)
改訂版 ガイドブックにないパリ案内 (FIGARO BOOKS)

A06 地球の歩き方 フランス 2015~2016 (ガイドブック)
A06 地球の歩き方 フランス 2015~2016 (ガイドブック)

「フランスの美しい村」 全踏破の旅
「フランスの美しい村」 全踏破の旅

______________________

◆現在のフランス時間◆

お気に入りブログ
ブログパーツ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧