chocolat et moi ~パリに恋して~@France


2007年8月末渡仏。ポワチエ⇒アルビにて仏人の彼+猫1匹と共に生息中。美味しい話、旅の話それから日々のことを綴っております。フランス在住の方も、そうでない方も仲良くして下さい♪
by goody0430
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:●Maroc~モロッコ~( 10 )

モロッコ旅行の記録 8日目(帰国の日)。〜2014/02/08-15〜

8日目、最終日。(以前の記事は⇒1日目2日目前編2日目後編3日目4日目5日目6日目7日目よりどうぞ)

2014年2月14日(金) マラケシュ最終日で帰国の日。

帰国の日になりだいぶ嬉しいようでしたが、やっぱりお腹の痛みが引かない彼。。。
このリアドのチェックアウト時間は12時だったので、朝食を取って彼をギリギリまで休ませてその後は荷物もあるし、近くのタクシー広場でタクって空港まで直行と言う本日の予定。
なので、残り2時間程の短い間に急いで買い逃したサフランを求めて、前日行った伝統工芸館へ。勿論、街中のスパイス屋さんで買っても良かったのですが、まず辿り着けるかもわからないスパイス広場へ行けるのか?と言うことと、値段交渉の面倒臭さと、昨日見た感じ衛生面でどうなの??(サフランはやっぱり口にするものだから)と言うことで、伝統工芸館に行ったのです。勿論、他に何かまだ買えるものがないか探りたい気持ち(欲しいものが明確にあるわけじゃないけどまだまだ気持ち的に買い足りなかったので...)も沢山あったし!

時計を見ながら、急いで歩き、まずは伝統工芸館のスパイス屋さんへ。先日からの風邪で鼻が利かないし、ここしかないからそこ直行でサフランとその他スパイスをいくつか購入。
他にも、前日見たカゴバッグ屋さんやら陶器屋さん、それから革細工屋さんなど見たけど、やっぱりコレ!ってものがないので、スパイスだけで終了。後は、伝統工芸館からそんなに遠くないところに、完全に外国人観光客用のセレクトショップらしきお店があったので見に行き、可愛いバブーシュがあったのですが、私が欲しかったサイズが無く、泣く泣く諦め。買物も終了。

予定通り11時頃ホテルに戻り、荷造り。結局、スパイスのみしか増えず、鞄の中身は結構ゆるゆる。もっと買う気で来ていたので、預ける用スーツケースわざわざ払って往復しなくても良かったかも。。。という結果。苦笑い(行きも帰りも格安飛行機会社だったので!)

ホテルの支払いを済ませ(2回分というか4回食べたお粥代はなんと計6ユーロと格安でした!)、荷物を持って12時ぴったりにチェックアウト。本当に本当に迷惑、心配などなど色々とお世話になったRiad Rose Du Desert(リヤド ローズ デュ デザート)を出発。本当にここの人たちには感謝です。特に西郷ドン風従業員さん。
f0127349_2019718.jpg
ホテルを出て直ぐのとこにあるモスク。この上のミニ塔が可愛くてパチり。

そして、これも直ぐ近くにあったかわゆい扉。
f0127349_201825100.jpg


歩いて直ぐのタクシー広場でタクシーの運ちゃん相手に値段交渉をし、希望の価格で行ってくれると言ってくれたおじさんと共に空港まで行きました。私の彼にとっては薬局&お医者さん以外のマラケシュでの外出はこれが初めてで「そこの奥がフナ広場だよ!」とか軽く軽〜く観光しながら空港に向かいました。

空港に13時前くらい?に着いて、まずはランチ。たいしたものはないけど、時間つぶしも兼ねて、カフェで昼食。もうチェックインできるみたいだったので、チェックインして、今度は中で待機。やっぱりお腹が超痛くってまともに歩けもしない彼を、搭乗の際に見つけられ、係員のおじさんに『あなたお医者さんには飛行機のって良い?って言われてるの?』と聞かれた程。。。勿論彼は帰りたい一心だったので『勿論、お医者さんは飛行機に乗っても良いと言っていた。』と大嘘というか言ってないことを言い、無事に乗り込み、飛行機の中でも脂汗かきながら無事トゥールーズ空港に着いたのでした。

そこからアルビまでは慣れた感じで帰宅するのですが、やっぱり駅から家まで歩けない彼。友人に頼んで駅まで迎えに来てもらい、帰宅。思い出に残るモロッコのドタバタ旅もどうにかこうにか無事終了できました。



完。

というか、ここからコチラに続くのですが。(笑)

でも、旅の話はこれにて終了。

長々と読んで頂きありがとうございました。


f0127349_1534584.gif



いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2014-04-07 21:04 | ●Maroc~モロッコ~

モロッコ旅行の記録 7日目(マラケシュ)。〜2014/02/08-15〜

7日目。(以前の記事は⇒1日目2日目前編2日目後編3日目4日目5日目6日目よりどうぞ)

2014年2月14日(金) マラケシュ2日目


まずホテルRiad Rose Du Desert(リヤド ローズ デュ デザート)にて朝食。
f0127349_2123436.jpg
この日も、ホテルの人にお願いして、お昼にはお粥を作って頂くようにお願いし快諾してもらいました。腹痛にはニンジンが良いからと、ニンジンのみの濃厚スープも一緒に作って頂けることに。本当に感謝です。

と、実はその前にこの前の日の夜になっても、薬局で買った薬の効果が現れるどころか腹痛は酷くなるばかり。あまりにも痛くてどうしようもないので、直ぐにでも帰りたがる彼。痛みで寝るに寝れない彼を横目に、私ももうあまりにも可哀想過ぎで、明日帰る方向で考えたり。とりあえず、明日のトゥールーズ行きの便があるのかさえもわからなかったので、値段も含めて知る為に、例の西郷ドン風従業員に職場のパソコンを貸してもらえないかお願いしたところ、勿論快諾。しかも、実はその前には救急病院はないのかとかこの辺に緊急用の医者はいないのかとか質問攻め。心配してくれる従業員さんには迷惑かけっぱなしで頭上がらずです。。。
結局、翌日2便の飛行機があること、一番安くて一人2万円程と言うことををメモし、とりあえずは、就寝。って、その時点で多分夜中の1時とかだった気が。本当に、スイマセン。

そう言うわけで、今朝一番に前日に見つけていたお医者さんにかかりに行きました。9時から開いているのに、先生が来るのは9時半過ぎ。でも、1番に行ったから1番に見てもらえました。先生はお爺ちゃん先生で経験はだいぶありそうな雰囲気。お腹を押したりエコグラフィーでお腹の中の様子をみたりして、お薬を処方してくれて、『明日も痛かったらまた来て下さい』と仰ってました。が、彼が『明日(土曜日)にはフランスに帰るので...』と言ったら、『じゃあ、もう大丈夫だね。』と。
彼も、やっぱりお医者さんに『大丈夫』と言われたことがだいぶ心を癒してくれたようで、ホテルに帰ってから少しは楽になった様子でした。

さて、お昼ご飯のお粥等を持って来てもらい、ニンジンスープを美味しいと全てたいらげ、お粥はほぼ残した彼。私は残りのお粥を頂きました。
そして、風邪が少しは治まったようなので、今日こそはと意地でも外出することにした私。目的は勿論観光そっちのけでお買い物!!!だって、買物天国のモロッコのはずなのにここまでほぼお買物してなかったんですもの。。。

そう言うわけで、まず目指したのはホテルからも割と近い伝統工芸館へ。
ここで、だいたいの物の価格をチェックした上でスークを目指します。値段交渉も長々としている暇はありませんからね!(笑)
f0127349_21234040.jpg

f0127349_2123551.jpg
f0127349_21241091.jpg

勿論、ここでは何も買いませんでした。値段チェックするだけ!

さて、次に目指すはジャマ・エル・フナ広場!!!
f0127349_21243666.jpg
というか、2月中旬なんですけど、32℃というマラケシュ。今まで回ったどの街よりも暑い、そして日差しが痛い...
f0127349_21244359.jpg
マラケシュのシンボル、クトゥビアです!が、ここからカメラに収めるだけ。買物買物。
f0127349_21244897.jpg

もうすぐ、フナ広場。わくわくドキドキ。
f0127349_2125677.jpg
到着!
f0127349_2125124.jpg
話しかけて来るので写真は撮れませんでしたが、オレンジジュース屋さんが沢山出ておりました。あとは、猿回しとか蛇つかいとか歯を沢山持ってるおじさんに、水のおじさんも見たけど、一人でビクビクで写真撮りそこねです。。。
さて、スークを発見!さあ、買い物開始です♪
f0127349_21245790.jpg

f0127349_2126464.jpg
ここで、陶器類をゲット!
f0127349_21254183.jpg

f0127349_21254287.jpg
突然現れた家屋倒壊&ゴミの山。。。カオスだわ。。。
f0127349_21253943.jpg

f0127349_2126495.jpg
こうやって、うろちょろしてたら、何歳くらいなんだろう?たぶん、15〜6歳位の若ーいお兄ちゃんに話しかけられ、『この店見てって!屋上からはいい景色も見れるし。』というので、その言葉につられ買う気のないアクセサリーを見つつ、屋上に。
わ〜、確かに良い景色だわ。マラケシュの旧市街が見渡せる〜!
f0127349_21263745.jpg
f0127349_21263133.jpg
その日はアクセサリーを運良く?何も付けていなかったので「アクセサリーには興味が無いの。ごめんなさい。」と、言って退店。その後ベルベルの薬局とやらに連れてかれ、そこでは違うおじさんが頑張って色々説明してくれたのですが、結局何も買わずに店を出たとこでさっきの若いお兄ちゃんがまた来て、出口まで案内してくれました。お金も請求されなかったし良しとします(笑)

スパイススークの近くだったので、その辺を散策。しつつ、欲しかったかごバックをGET!
f0127349_2127782.jpg

そして、またスークの中に迷い込みます。
f0127349_2127477.jpg
あーあ、こう言うの買って食べ歩きしたかったな。。。
f0127349_21271466.jpg

フナ広場に戻ってきました。丁度良い時間(彼に18時までには戻ると約束してたので...)だったので、そのまま帰ることにします、が、さっきよりも更なる人が!お土産系のお店とか屋台まで出始めて活気が違います!!!(あーあ、これからが楽しいんだろうな...と後ろ髪引かれまくり)
f0127349_21272965.jpg
あーあ、屋台のご飯も食べてみたかったなー。
あーあ、フナ広場の近くのカフェとかでフナ広場を眺めながらお茶もしたかったなー。
あーあ、あの安いフレッシュオレンジジュースも飲んでみたかったなー。
などなどなど、やりたかったことは山ほど。
f0127349_21282229.jpg
絶対また来ることを願いながらホテルへ向かうのでした。。。涙

ホテルに帰ったら、彼が『も〜〜〜う、遅いよー!心配したんだから。でも、帰って来てくれて良かった。。。』と。もう心身共に弱々です。

お医者さんに処方してもらった薬が少し効いたのか、気持ちの問題なのか、少しは楽になったようですが、やはり未だに激しい腹痛の波があるようで、結構グッタリな彼。夕飯は勿論お昼の残りのお粥とほんの少しのニンジンスープ。お粥を食べながら心の中では(屋台のあれとかこれとか食べたかったなーーーーと)愚痴るのでした。。。

夜、撮ったホテルの写真。
f0127349_22475572.jpg
f0127349_22474773.jpg

f0127349_224876.jpg
やっぱりランプがキレイです。


Riad Rose Du Desert(リヤド ローズ デュ デザート)にて2泊目。


8日目(最終日)につづく。


f0127349_1534584.gif



いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2014-03-31 22:55 | ●Maroc~モロッコ~

モロッコ旅行の記録 6日目(マラケシュ)。〜2014/02/08-15〜

6日目。(以前の記事は⇒1日目2日目前編2日目後編3日目4日目5日目よりどうぞ)

2014年2月13日(木) マラケシュ1日目



早朝6時前にホテルに着いた私たちを嫌な顔1つせず、最初から最後まで親切に接してくれた西郷隆盛か武蔵丸かと言うような大きな体に濃い顔の従業員が扉を開けてくれて、具合が悪いから休ませてくれないかとお願いをしました。
彼は、早朝にも関わらず、私たちの予約したお部屋の空き状況を確認したところで、『今まだお客さんがいるので、部屋には入れないけど、ここ(中庭にあるソファー)で休んで下さい』と丁寧に毛布まで貸してくれました。

彼に聞いたところ、薬局は朝の9時頃に開くはずだからとということで、朝8時半頃までソファーでゆっくりさせてもらい、教えてもらった薬局まで具合の悪い彼を連れて2人で行きました。9時5分前にに着きましたが、開いておらず、10分待ち15分待ちようやく開きました。(笑)
そこで、恐らく食あたりだろうと言うことと吐き気が酷く腹痛もあり熱があると言うことを伝え、お薬を処方してもらいました。

帰りがけに、ミネラルウォーターを3本買い、ホテルへ帰宅。また朝のソファーで休んでいると、他の従業員が温かいミントティーと焼き菓子を持って来てくれました。
今度は女性の人だったので、彼女にお昼ご飯に外には行けそうにない彼の為にお粥を作って頂けないかとお願いしたところ快諾してもらい、一安心。

しばらくして、私たちの為に、早めに部屋を片付けてもらって12時頃にお部屋に入れました。
f0127349_21443262.jpg
部屋に入って直ぐに横になった彼。私は写真を撮りたい一心だったのに。。。ま、具合が悪いのでしょうがない。。。
f0127349_2155680.jpg

f0127349_21544973.jpg
こんな感じのお部屋です。

13時頃に日本風のゆるいお粥を持って来て頂きました。彼が半分以上残したので、私が残りを食べ、食堂の方へ持って行きお礼を言うと、

『モロッコでも病気の時はお粥を食べるんです』

と。日本と少し違うのはたっぷりのお水にお米を入れほんの少しの塩とオリーブオイルを入れるんだそうです。
ほぼ日本と同じような味で安心して頂けました。贅沢を言えば梅干しが欲しかったくらい。(笑)

実は、その日は私も風邪が酷くなり(何日か前から喉の異変には気付いていたのですが気付かぬ振りをして過ごしていて)熱が出たようで悪寒を感じ、マラケシュ1日目は2人で完全にホテルに缶詰状態。

薬を飲んで休んでいたらアッと言う間に夕方になっていました。

この頃から気付き始めたのですが、彼、腹痛なのに下痢が出ていなかったのです。具合悪いけれど、出るのは上からのみ。もうあれ以来水分とほんの少しのお粥しか取っていなかった彼は出るものもないのに何度トイレに行っても吐き気のみで下からは全くでないのです。最初、薬局で処方されていたスメクタと言うフランスでもお腹痛い時(特に下痢に効く)に飲む薬を飲んでいたのですが、下剤ででも要らないもの悪いものは出して欲しかったのでそれを止めさせました。

夜ご飯もまたお粥を作ってもらえないかお願いしにいったら、お昼の残りがあるからそれでも良いかと。勿論ありがたくそれを頂きますと言うと、温めて部屋に持って来てくれました。
そんな訳で、夕食もお粥を頂きました。

f0127349_21554137.jpg
f0127349_21552091.jpg

こんなん撮ってみたりもしましたが、私の悪寒は全然引かず増すばかり。。。(写真は本当にここにあるのみしか撮ってません。笑)
一日中寝て過ごし、2人して病気のマラケシュ1日目終了となりました。

ホテルは旧市街の中にあるRiad Rose Du Desert(リヤド ローズ デュ デザート)にて1泊目。


7日目につづく。


f0127349_1534584.gif








いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2014-03-27 22:34 | ●Maroc~モロッコ~

モロッコ旅行の記録 5日目(フェズと移動)。〜2014/02/08-15〜

5日目。(以前の記事は⇒1日目2日目前編2日目後編3日目4日目よりどうぞ)

2014年2月12日(水) フェズ観光とマラケシュへの移動の日(Fes⇒Marrakech)

まずはホテルDar Ahl Tadla(ダール アル タドラ)にて朝食。
f0127349_2154495.jpg
f0127349_2154956.jpg

この日も、お客は私たちのみ。ゆっくり食べて、荷造りをして、旧市街の見てないところを見るべく、お散歩します。が、その前に、ホテルの屋上へ。
f0127349_2155403.jpg

f0127349_21543320.jpg
実はこの日、朝からフェズの旧市街を一望できると言う南の砦というところに行こうと思って、ホテルの人に聞いたら、『そんなとこまで行かなくても、テラスに登ればフェズの街が一望できるから登ってきな!』と言われたのです。それでも、行く方法をしつこく聞いてみたら、『知らないけど、遠いからタクシーで行かないといけないんじゃない?それに、北の砦にはミュージアムがあるし行く価値があるけど、南の方は何も無いよ。』とのこと。
うーーーーん、と悩みつつもそこまで言われたら、お手軽にここの屋上から見るか!という訳で、屋上テラスに登ったのでした。が、イマイチでしょ(笑)でも、まぁ、こんなもんかな。

さて、南の砦に行かなくなったので時間もあるし、気を取り直して散策開始です。
f0127349_21433193.jpg
f0127349_21435461.jpg

f0127349_2144973.jpg
f0127349_21454337.jpg

f0127349_21455046.jpg
f0127349_21454839.jpg

f0127349_21485016.jpg
f0127349_21484998.jpg

f0127349_215114.jpg
f0127349_21502749.jpg

f0127349_21511884.jpg
f0127349_2151293.jpg

f0127349_21513875.jpg
f0127349_21511570.jpg

お昼までゆっくり散策。もう旅も後半という訳で、結構お土産屋さんを見て回ったのですが、結局陶器や木箱など欲しいものはかさばり重いものばかりだったので、買うのを躊躇い、マラケシュでの買物天国に希望を掛けるのでした...

さて、お昼も過ぎた頃、どこで食べようか?ということで、昨日に引き続き、完全なる観光客向けで日本のガイドブックにも載ってた"Café Clock"(カフェ・クロック)というところに決定。
決めた理由は、ラクダのハンバーガーが食べれるからという理由です。(私じゃなくチャレンジャーな彼が!)
カフェ・クロックはいかにも観光客に好かれそうなお洒落な感じです。
f0127349_21522517.jpg
せっかくなので、テラスでランチタイムです。
f0127349_21523249.jpg

f0127349_21511148.jpg
で、こちらが名物ラクダのハンバーガー♪結構な量のお肉です!
f0127349_21564484.jpg
私は、何となくファラフェルのプレート。ベジタリアンだけど、美味しかった!
f0127349_2157169.jpg

ラクダバーガーの感想ですが、肉が堅かった気がします。なんか、あまり乗り気になれず一口だけしか食べなかったので何とも言えませんが。。。彼は普通に美味しかったもようです。

さて、ホテルに帰る前にもうひと歩きします。
f0127349_21524351.jpg
あ、ここ食べ物のスーク。ここの先の方にあるお肉屋さんにはラクダの頭がぶ〜らぶらとぶら下がっておりました。恐ろしくて、見れませんでしたが。(って、見てるから知ってるんじゃん!)
f0127349_2153027.jpg

f0127349_21534278.jpg
f0127349_21533277.jpg

迷い込んだらネジャリン広場(La Place Nejjarine)にたまたま着きました。(笑)
f0127349_21541654.jpg
そろそろってまだそんなに時間は経ってなかったのですが、心配性の彼!?荷物が少ない&軽いし旧市街から新市街までの行き方は昨日のタクシーでしっかり見ていたので、荷物を持って歩いて新市街まで行くことに。(笑)

荷物を取りにホテルへ。『まだまだ時間はあるから荷物の心配しないでもっと散策しなよ』と言われましたが、十分にフェズは満喫した私たちなので、丁寧に断り礼を言って、去るのでした。(笑)

旧市街を出入りするにはこの長く大きな壁を越えることになります。
f0127349_21565278.jpg

が、く、靴など売ってますよ。
f0127349_21571255.jpg
なんか自由だなーという印象。何がかはわかりませんけど。
f0127349_21572956.jpg

壁。
f0127349_21574485.jpg
日差しは強いけど、さぁ新市街へ向けて出発。
f0127349_21575773.jpg
王宮を発見。
f0127349_21581532.jpg
無事迷わず、でもちょっと寄り道しながらゆっくりと目的地、新市街にあるCTMのバス停まで着きました。やっぱり荷物は軽いにせよ、疲れたのでCTM内にあるカフェでミントティーで休憩。
で、これが、今日のバスの券。
f0127349_21583035.jpg
カフェでゆーーーっくり長居して、夕食はフランスのガイドブックに書いてあると思われる肉屋さんの食堂みたいなとこで。ご覧の通り、メニューは全てモロッコ語(アラブ語)だったので、フランス語の出来るおじさんが全て丁寧に説明してくれました。
f0127349_21591747.jpg
なのに、頼んだのは申し訳ない位シンプルなサンドイッチ。(笑)
ケフタ(挽肉)のサンドイッチ(写真上)とメルゲーズ(ソーセージ)のサンドイッチ(写真下)。
f0127349_21593892.jpg

f0127349_21593459.jpg
それから、20時までバスを待ち、今回は時間通り出発します。

が、ここからが大変でした。

例の、腹痛事件がこの夜から発生するのです。。。

実はバスが出発する前からお腹が軽く痛い&吐き気がすると言っていたので、とりあえず、コーラを飲んでみなよ(フランスでは腹痛や吐き気があるとコーラを勧められたりするから)と、CTMの売店でコーラを購入。私たちのバスが来たので、すぐさま乗り込み寝る体勢。
バスも発車したら直ぐに真っ暗になったので、ラッキーだったのですが、彼の容態は酷くなるばかり。お腹が痛いと言うことよりも、その時は吐き気の方が酷かったかな。そうしたら、みるみる熱が上がっていく感じ。触ると熱いし、脂汗までかき出した始末。バスの中で吐かれては困ると焦りつつも、最初の方は近くの停留所で人を乗せるのにたまに止まったりしていたので、止まる度に『外に新鮮な空気吸いにいこう』と外に出たりしていました。ま、だからといって変わりのない彼の容態。
11時か12時頃に前載せたような皮が剥がされた羊がぶらぶらと吊り下がっているレストランで30分程の休憩があり、私もそろそろ寝たいし、と思い彼に
『吐き気がするんだったら、一度無理矢理でも吐いちゃえばスッキルするよ!』
と言い、彼も納得しレストランのトイレで自力で吐かせました。しかし、トイレも列が出来ていて、再度並ぶのも面倒だしまだ吐くと言う彼をレストランの裏側に連れて行き背中をさすって結構吐かせました。汚い話、夜ご飯の中身が出て来たので、もう、全部吐いただろう!と安心していたのですが、彼の吐き気は増すばかり。途中、バスの運転手さんにお願いしてバスを数回止めてもらったら、1回目運ちゃん①(2人体勢で途中で交代)に

『アルコールを取ったんだろう。酒はダメだぞー!酒飲んでも良いことなんかありゃしない。』

と、違うって言ってるのに決めつけて軽く怒られるてる私たち。(彼はモロッコ人=つまりイスラム教なので、アルコールは飲まないんです!)でも、止まってもらってるし強くも言えず、『もうモロッコに来てから5日経つけど、1滴も飲んでいないから』とだけ主張する私。
で、3回目くらいの時に運転手が交代してて運ちゃん②にお願いしてまたストップ。でも、この運ちゃん②優しくすぐさま『食あたりかな?悪いものでも食べたの?』と。私たちはその時点では、完全に食あたりだと思っていたので(大きな声では言えませんが、ラクダバーガーのせいだろうと)、薬局で買うといいお薬と等を運ちゃん②に聞いてみたり。
最後の方は出すものもないのに止めどない吐き気で苦しむ彼。寝るに寝れない可哀想な彼でした。(私は...寝ちゃってました。勿論、彼が降りたら降りて水持って行きましたけど。笑)

そんなこんなでヘトヘトになりながら、早朝5時過ぎにマラケシュに無事着いたのでした。
彼の我慢と、運転手さん達のお陰で無事バスの中では吐かずに済みました。それだけでも、良かった。

バスターミナルからはタクシーでホテルの近くまで乗せてもらい、その後真っ暗な中ホテルまでは早朝の掃除のおじさんたちにお世話になって、無事ホテルに到着。
長い長い1日となりました。(って、日付かわってますけど気にせず。)


6日目につづく。


f0127349_1534584.gif




いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2014-03-26 23:41 | ●Maroc~モロッコ~

モロッコ旅行の記録 4日目(フェズ)。〜2014/02/08-15〜

4日目。(以前の記事は⇒1日目2日目前編2日目後編3日目よりどうぞ)

2014年2月11日(火) フェズ観光

まずはホテルにて朝食を。だいたい、どこに行っても(リアドやダールの規模だと)朝食は何時にとるか聞かれ、「フェズは3つも地区があるし広いし沢山回りたいから」と思い、早めの朝食で8時半頃にとお願いしました。

3日目にも書いた通り、お客は私たちのみなので閑散としているけど、静かで落ち着きます。f0127349_2214726.jpg
f0127349_2224933.jpg

f0127349_2224134.jpg
朝食は既に待ち構えられておりました♪
f0127349_223387.jpg
ゆっくりたっぷり朝食を取り、待ちに待った迷宮都市フェズの観光開始です!
f0127349_21495422.jpg

f0127349_2150615.jpg
奥へ奥へ。店なども似たり寄ったりで自分がどこに居るのかわからなくなります。
f0127349_21502528.jpg

共同水道。
f0127349_2150926.jpg
モスク。
f0127349_21502944.jpg

f0127349_21504090.jpg
幻想的でキレイ!!!
f0127349_21504884.jpg

超うるさいサファリン広場(La Place Saffarine)に到着。
f0127349_21503964.jpg
f0127349_2151616.jpg

こうやって、ガンガン響く音を立てながら青銅製品作製しております。
f0127349_21511169.jpg
f0127349_21512252.jpg

f0127349_21513099.jpg
超どす黒く汚ーい川に出ました。フェズ川だそうな。
f0127349_2151418.jpg

働き者のロバさん馬さんたち。
f0127349_21521149.jpg
f0127349_21515837.jpg

フェズの旧市街=フェズ・エル・バリ(Fez el Bali)の奥の方のアンダルース地区のルシーフ広場(La Place Rcif)。
f0127349_21522814.jpg
f0127349_21524265.jpg
広場で日向ぼっこ。
f0127349_21524631.jpg

またカラウィン地区へ戻ります。
f0127349_2153165.jpg
f0127349_2153305.jpg

f0127349_21534884.jpg
f0127349_21534762.jpg

f0127349_21541440.jpg
f0127349_21543265.jpg

f0127349_21543077.jpg
適当に歩いていたら運良く?タンネリ(Tanneries=皮なめし)についた模様。。。ガイドブック通り、近くなって来るにつれて、臭いが強くなっていきます。。。そこで、早速『うちの店からタンネリの様子見れるよ。タダだから来て!』とおじさんの勧誘に。偽物じゃないよと皮職人免許?なのか店の免許なのか見せてくれました。そして、勿論ミントの葉をもらい2階へ上がります。
しっかーし、臭いが強烈!!!!今までに嗅いだことないレベルの臭さです。。。いつもなら強いミントの香りも鼻に押し付けたところで香りもしない程。では、ゆっくりとタンネリの様子をご覧あれ(笑)
f0127349_21551540.jpg

f0127349_21553075.jpg
f0127349_21553422.jpg

f0127349_2155483.jpg
f0127349_21563449.jpg
f0127349_2156591.jpg

f0127349_21571816.jpg
この臭い、本当に私過剰に書いてるわけではありませんよ!とにかく臭いんですから。これだけの臭いがする理由は、さっきのおじさんに教えて頂きました。
まず、はがされた皮を羊や鳩の糞で洗うんですって。洗うの意味になっているのかどうかは別として、一応洗うんだと。あとのことは私も臭いのショックとカメラに夢中になって聞いておりませんでしたが、なんかこの強烈な臭さに納得できたような気が。

あまり長居も出来ない(臭いがキツ過ぎ)ので、次のステップへ。
ここは洗って色も染められた皮を柔らかくするところ。おのおじさんたちがでっかい刃物でしなやかにしています、が、腰が痛くなりそう。。。
f0127349_21573333.jpg
臭いのせいでフラフラになったので、一旦ここを離れたつもりが・・・裏っかわに来たようです。
f0127349_21575137.jpg

ゴミ???と目を疑いましたが、加工前の皮の山でした!恐
f0127349_21582042.jpg
f0127349_21582682.jpg

f0127349_21583913.jpg
超お疲れなご様子のロバさん。次はモロッコに生まれるんじゃないよ。。。
f0127349_2159718.jpg

ここから、タンネリ地区には戻りたくなかったので、違う方に行ったら、完全に住民しか行かないようなところを通ってしまい...今度は精神的に大疲れ。。。勿論、恐ろしくて写真なんぞ取れなかったので、その様子はご想像にお任せ致します。。。

無事にお土産屋さん街に到着。ふ〜。
f0127349_21591285.jpg
f0127349_21592928.jpg

f0127349_220615.jpg
f0127349_21594625.jpg

フェズ焼き。あー、買えばよかった。。。今更後悔です。
f0127349_2201535.jpg
f0127349_2203125.jpg

f0127349_2205967.jpg
f0127349_221845.jpg

f0127349_2213682.jpg
フェズの見どころ、ブジュルード門(Bad Boujloud)。
f0127349_2212740.jpg
この旧市街を出て直ぐに、彼が『心が痛い』とぽつりと漏らしました。私も全くの同じ感覚で、私たち2人にはカルチャーショックの一言では片付けられない程、衝撃的すぎた午前となりました。そのため、一旦、これでフェズの旧市街の観光を切り上げて、慣れ親しんだ普通の環境、新市街を目指します!

まずは、新市街にてランチを。牛のクスクス(子羊がなかなかありません...)と鶏の丸焼き1/4。
f0127349_2234419.jpg

f0127349_2242849.jpg
それから、翌日の夜にフェズからマラケシュをバスで目指す為、その分のチケットを買いに、CTMのバスターミナルへ。今回はもう目移りなんかしません(笑)

そして、ショッピングセンター?かなんかがあるはずの方へ向かい(これが大きな間違えでした...)、途中見つけた適当なとこでお茶タイム。残念ながら、モロッコのパティスリーはなかったのでした。涙
f0127349_224665.jpg

さて、そのショッピングセンターというかお買い物が出来るところを求めて歩いて歩いて歩きまくった私たち。方向を完全に間違えて歩きまくったお陰で、どこに居るのかわからなくなり、ショッピングセンターは諦め、新市街の中心部を目指すことにしたのですが、その時点では既に遅かったようで。。。道ですれ違った人に交差点で『新市街へはどっちに行ったら良いですか?』と聞くと、『え!新市街まで?だいぶ遠いけど、こっちの方です。』と。それを繰り返し、3人目くらいの人に『あとどれくらい歩いたら新市街に着きますか?』と聞いたところ『45分は歩くんじゃない?』と。さっさとタクシーに乗っておけば良かったものの、もう既に相当な距離を歩いていたので、悔しかったので歩き続けました。
そして、どうにか日が暮れた頃に無事CTMのチケットを買った付近に到着。ふ〜、どんだけ歩いたんだろうか。。。たぶん、最低でも2〜3時間くらいは歩きまくったんだと思います。

ようやく見慣れた旧市街に到着し、安心したところで夕飯の時間。
だいぶ疲れて時間もたったはずなのに、やっぱり今朝の旧市街の様子が相当ショックだったようで、『高くても良いから、安心して食べれるところで夕食は食べよう!』と彼が。とは言っても、ホテルのレストランは高すぎる=却下され(笑)、新市街の大通り沿いにある高級ナイトクラブ風のレストランバージョンの方で。
f0127349_2245358.jpg
前菜+メイン+デザートで18ユーロ程。モロッコにしては高価ですが、普通の夕食と思ったら安いので、ここで決定。
前菜は、鶏のブリオワット。
f0127349_2244483.jpg

メインはタジン。
f0127349_225396.jpg
f0127349_225237.jpg

ケフタ(挽肉)のタジン。
f0127349_22667.jpg
羊のタジン。
f0127349_226662.jpg

デザートはオレンジのシナモン添え。
f0127349_2262664.jpg
フランスのガイドブックにはフェズではお薦めと書いてあったフルーツカクテル。
f0127349_226405.jpg

ご覧の通りのサービス(タジンの時には蓋を長々と持っててくれたり、頼んだ飲み物を難度も注ぎに来てくれたり至れり尽くせり)に、お料理も美味しかった!フランスのガイドブックのお薦めのフルーツカクテルも美味しかったし、一人たったの18ユーロで今日の疲れを癒してくれました。(笑)
帰りはタクシーでひゅひゅっとホテルまで。
部屋のライトで癒されつつ、ゆっくりこの日の疲れた体と心を休めるのでした。
f0127349_2265712.jpg
f0127349_2274271.jpg

やっぱり、何度見てもキレイだわ。
ホテルはDar Ahl Tadla(ダール アル タドラ)にて2泊目。


5日目につづく。


f0127349_1534584.gif




いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2014-03-24 23:47 | ●Maroc~モロッコ~

モロッコ旅行の記録 3日目(シェフシャウエン)。〜2014/02/08-15〜

3日目。(以前の記事は⇒1日目2日目前編2日目後編よりどうぞ)

2014年2月10日(月) シェフシャウエン観光とフェズへの移動の日(Chefchauen⇒Fes)

朝、またしても早めに目が覚める私たち。外では雨が降る音が聞こえたり、聞こえなくなったり。とりあえず、今は雨も降ってないようだしという訳で、8時頃から朝食とるところを探しがてらまたしても散策開始。とりあえず、写真をどうぞ。
f0127349_237862.jpg
f0127349_2372937.jpg

f0127349_2373660.jpg
f0127349_2373463.jpg

f0127349_2383342.jpg
f0127349_239111.jpg

f0127349_2385591.jpg
f0127349_2381134.jpg

f0127349_2383114.jpg
f0127349_2384054.jpg

f0127349_2392840.jpg
f0127349_2384922.jpg

f0127349_2310285.jpg
f0127349_2310421.jpg

f0127349_2392494.jpg
f0127349_2310587.jpg

f0127349_23114331.jpg
f0127349_23111584.jpg

f0127349_2312094.jpg
f0127349_2313686.jpg

雨が急に降ったり、止んだりしますが、散策はつづきます。
f0127349_23124676.jpg
f0127349_23134260.jpg

f0127349_23132823.jpg
f0127349_23135512.jpg

f0127349_23143843.jpg
f0127349_2316884.jpg

f0127349_23152945.jpg
f0127349_23154327.jpg

f0127349_2316035.jpg
f0127349_23164147.jpg

f0127349_23165795.jpg
f0127349_23171436.jpg

f0127349_23181616.jpg
f0127349_23175045.jpg


f0127349_23181965.jpg
f0127349_23182756.jpg

ここは街の外れになるようで、通勤通学の人が沢山居ました(写ってないけど)!
f0127349_23185688.jpg
もう結構見たかな?と納得する私たち。
と言うか、正直ラバトのウダイヤカスバと似てて、感動が薄れているのは言うまでもなく・・・。そして、雨も降ったり止んだりが面倒になりホテルに帰ることにします。
が、通りの名前はあったりなかったりで地図はほぼ役に立たないので、自分の目と感覚でホテルを目指します。
f0127349_23195820.jpg

f0127349_2315972.jpg
f0127349_23195641.jpg


f0127349_23192593.jpg
無事、ホテルを見つけ、荷造りと言うか片付けをし、チェックアウトの用意。
天気も微妙だし、というのが一番の理由で予定を早めて1本早いフェズ行きのバスに乗れるように、そして、駅まで降りる途中でちょっと早いブランチでもしようと言うことに決定。

残念ながら雨は完全にやみ、太陽も出て来ています。そして、ちょうどホステルを出た頃に街も目覚めお店等も開き始めました(笑)
f0127349_23212626.jpg
f0127349_23215282.jpg

f0127349_23213212.jpg

f0127349_23213960.jpg
f0127349_23221999.jpg

f0127349_23224184.jpg
f0127349_2323061.jpg

f0127349_23233463.jpg
f0127349_2324027.jpg

f0127349_2324351.jpg
最初に見つけたカフェにて朝食。朝食のメニュー(パンと飲み物とかのセット)がないか彼が聞いたら
『メニューはないけど、目玉焼きとハムとパンとミントティーで25ディラムでどう?』というのでそれを頂きました。
f0127349_23242759.jpg

朝食をゆっくり食べて目の前の山と太陽と気持ちの良い朝です。

さて、ご飯を食べたら、駅に向かって下ってゆきます。勿論歩いて。
f0127349_23253723.jpg
f0127349_23251268.jpg

f0127349_23254488.jpg
f0127349_2326134.jpg

無事に駅に到着。f0127349_2327199.jpg
f0127349_2328060.jpg
駅の建物の中へ行きCTMでフェズ行きのバスチケットを買おうと思ったら、なんと閉まってる。。。そこでもう1つ違うバス会社を発見。値段も安いし、CTMのバスより出発も少しだけ早いしという訳で、何も知らず↓↓↓このバス会社にてチケット購入。f0127349_2326114.jpg
ちなみに、バス会社の名前はNejme chamalと言うらしい。メモしといて下さい。(笑)

午後12時30分出発!さて、バスの旅が始まりますが。。。
実は私たちが乗ったNejme chamalってとこのバス、所謂ガイドブックに載ってた民間のバスだったようです。(もしかしたら、民間とCTMの中間くらい?かも)
まず、荷物はタダだと思ったら乗った後に荷物代として一人10ディラムとられました。バスの座席も結構汚い。。。お客の層も若いCTMのととは違い、バックパッカー風な人と現地の人が多数。ちょっと異臭もチラホラ。。。そして、何よりも、走行中突然止まり人を拾いまくりなのです。なので、4時間で行けるところ、5時間かかった始末。結局後に出たCTMの方が絶対先についてたことでしょう。
で、ケチったバス代でしたが、結局はバスチケット代55ディラム+荷物代10ディラム=65ディラムでCTMとほぼ変わらない金額となったのでした。。。ま、これも勉強という訳で、二度とCTM以外のバスには乗らないと誓いました。(笑)今後、モロッコでCTM並みのバスで旅をと思っている人は、少なくともこのNejme chamalのバスには乗らないように、要注意です。

あ、バスの途中で止まったレストランの写真。真ん中の左寄りにぶら下がってるもの見えますか?バスでの旅でよく目にしたもの(羊)です。食べませんでしたが・・・
f0127349_2328532.jpg



さて、無事に目的地フェズに到着。一刻も早く着きたかったので、一旦降りる。が、フェズにはバスターミナルが2カ所あるとのことで、地図を片手にこの降りた場所がどこなのかポリスを捜し聞いたら、見事メディナの近くだったので、歩いてホテルまで行きました。
ちょっと迷いながらも無事ホテル着。ホテルはDar Ahl Tadla(ダール アル タドラ)と言う、こんな感じのホテルです。f0127349_23274642.jpg
キレイなランプです。
f0127349_23275538.jpg
窓を開けると中庭が見えます。
f0127349_2328899.jpg

f0127349_23283634.jpg
閑散期なのか、お客は私たちのみのようでした。

ひと休みしてから、ホテルの人にお薦めしてもらったレストランへ。メディナのブジュルード門から直ぐのとこで。f0127349_2329133.jpg
私の彼はメニュー(前菜/メイン/デザート)を、私は単品で。

まずは、前菜にハリラ。美味しかったけど、ぬるかった・・・。
f0127349_23291260.jpg
次にメインのメルゲーズのクスクス。
f0127349_23294889.jpg

こちらは単品で頼んだ子羊とプルーンのタジン。f0127349_2331836.jpg
f0127349_23312045.jpg
デザートは果物を持って来られたんですが、パティスリーも選択可能だったので、そっちをリクエストして盛って来てもらったモロッコのお菓子。
f0127349_233153.jpg
そんなこんなで、夜は知らない街を歩くのが嫌いな彼なのか、ホテルへ帰って翌日に備えるのでした。


4日目につづく。


f0127349_1534584.gif




いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2014-03-20 00:46 | ●Maroc~モロッコ~

モロッコ旅行の記録 2日目(後編)。〜2014/02/08-15〜

2日目 続編。(前編のウダイヤカスバの記事はコチラよりどうぞ)
2014年2月9日(日) ラバト観光とシェフシャウエンへの移動の日(Rabat⇒Chefchauen)

前回のウダイヤカスバ(Kasban des Oudaias)を背中に、
f0127349_21231166.jpg
次に目指すはラバトの一番?の見どころハッサン塔モハメド5世の霊廟

が、行ってみたら閉まってる!!!でも微妙に中に人が居るんです。。。
f0127349_21232169.jpg

門の中にいる人に聞いてみたら、『中には入れません!』とのこと。日曜だからなのか、たまたま運が超悪いだけなのかは全くもって不明ですが、入れないと言われればそれまでなので、遠くから写真撮影です。
f0127349_21234723.jpg
f0127349_21234875.jpg

f0127349_21234095.jpg
f0127349_21235676.jpg

次に目指すは駅。実は未だに換金していなかったので(前日の夜はユーロで支払いおつりをディラムで貰ったのです)、換金目的で。その前に見つけた教会?f0127349_2124498.jpg
お洒落な建物もあり!
f0127349_21241354.jpg
そして、グラン・モスク。
f0127349_21242815.jpg
駅の前に居たハリッポッターに出てそうなおじさんが気になりパチり。でも、こう言う格好の人モロッコに沢山!
f0127349_21294314.jpg
そしてこれがラバト・ヴィル駅の外観。普通にキレイな建物。
f0127349_21301580.jpg
昨日チェックしていたの駅の換金所へ行ってみたら、閉まってるー。。。7j/7つまり毎日営業(しかも朝は8時半とかだだったっけ?)と書いてあるのに!!!
近くにセキュリティーのおじさんが居たので聞いてみたら、『多分10時になったら開くんじゃない』とのこと。そのとき9時半過ぎ。どうするか悩んだけど、午後もまだ一応時間はあるし、一旦ホテルへ帰ることに。

ラバトの新市街は近代的です☆
f0127349_2130193.jpg

f0127349_21302124.jpg
f0127349_21312195.jpg

f0127349_21315230.jpg
去年の11月くらいに出来たばっかりのトラムも走ってます!トラムはないけど、線路だけ。(笑)
ドーデモイイ?豆知識:このトラムもそうですが、モロッコのラバト、カサブランカ、マラケシュ、フェズの都市を現代化する交通網などを作る計画が進んでいるんですって。出資は、どこの国だか忘れたけど、アラブの大金持ち大国がしているんだそうです。by前日の臭い偽ガイドおじさん
f0127349_21323597.jpg

さて、旧市街のメディナに着きました。
帰りながらマルシェを散策。ちなみに、キレイなとこだけ撮りました。そして、若干怖くもありあまり奥までは進みませんでした。(笑)
f0127349_2134052.jpg
f0127349_21364676.jpg

f0127349_21374681.jpg
f0127349_21255542.jpg

日曜の朝だからか?閑散としています。あ、ちなみに、左のお店で前日の夜食べました。f0127349_2138147.jpg
f0127349_21391751.jpg

f0127349_21394548.jpg
f0127349_21401558.jpg

f0127349_21403681.jpg
f0127349_21405657.jpg

f0127349_21415778.jpg

無事、ホテル着。
f0127349_21412829.jpg
部屋にも戻らず、直ぐに朝食です!お腹減った〜(笑)
f0127349_21432368.jpg
朝食はご覧の通り、フレッシュオレンジジュース、コーヒー、ミントティーに、ミッスンミン(四角いクレープみたいなの)、バグリール(パンケーキみたいなの)、でっかいパン・オ・ショコラにパンもあって、大量です!ジャムもハチミツも美味しかった〜。

たっぷり食べた後、ホテルの常駐?の男性(日本大好き)に両替したいと言ったら、メディナ直ぐ外の銀行(ちなみに、さっき帰って来る時も通ったけど閉まってました!なので、日曜はだいたい10時からオープン?)まで連れてってくれました。勿論その間は日本の話。銀行で換金し終わったら、近道して帰ろうと常駐さん。彼の行きつけの超ドB級グルメをご馳走して頂きました。
これこれ。炭火でじっくり焼いてます。
f0127349_2144530.jpg
f0127349_214431100.jpg

出来たのはコチラ!やっぱり香辛料とかソースとか?はすっごい美味しい香り。美味しそうだけど、レバー。。。私火の通ったレバー苦手。><
f0127349_21444832.jpg
しかし、彼の好意を無駄にも出来ず、頑張って2口くらい食べました(しかも朝食直後なんですけど!)。残りは私の彼にこっそり食べてもらいました。お散歩しながらホテルへ向かいます。
f0127349_21473223.jpg

f0127349_21475560.jpg
ホテルに着いたら、荷物をまとめ最後の写真撮影会。(笑)
まずはテラス。
f0127349_21484645.jpg

f0127349_21493572.jpg
f0127349_21495582.jpg

f0127349_21502271.jpg
テラスからの眺め。
f0127349_21491585.jpg

次はホテル内。
f0127349_21504869.jpg
f0127349_2129426.jpg


写真も撮ったし、荷物もってタクシーに乗って常駐さんも勧めるシェッラーに観光に行ってからバスターミナルに行こうと思っていたのですが、そこで事件が!!!苦笑い

チェックアウトというか、1泊分の支払いをしようと思った時のことでした。さて、カードで払おうかとカードをマシーンに入れ...
...
...
あ゛、カードの暗証番号が...わ、わからない。
ヤバい、と焦りつつ、絶対に彼に暗証番号聞いても無駄だとわかってはいたけれど、一応聞いてみても、やっぱり返事は思った通り。。。実はこのカード私と彼の両名義で作った旅行用のカードだったんですが、だからこそ普段使うことも無く、暗証番号をすっかり忘れていたのでした。しかも、出発前にバタバタしていて、私もカードを持って行くことはしたのに、暗証番号のことはすっかりチェック漏れ。彼はまだアルビにいる時にふと頭をよぎったらしけど(本当かは不明。笑)私がしっかりしているから大丈夫だろうと口にも出さなかったんですって!!!(この野郎め...)
それで、私たち2人はパニック!!!とりあえず、ユーロの現金を多めに(と言っても大した額ではないけど)持って来たのと、先程多めに換金しといたので、ホテルの支払いを済ませ、落ち着いてこれからの出費予定額(ホテルとかバスの移動とか食事諸々)を計算したけど、全然足らなそう。
どうするか、解決法を2人で必至に考え、1つ名案が。

実は、今回の1週間の旅の間、我が家の猫cocoを家にたまたま残して行くと言う方法をとったのです(いつもだったら、彼の元同僚宅に依頼するのですが、その彼女が体調を崩してたのです)。でも、さすがに1週間そのまま放置というのは心配だし可哀想なので、友人夫婦に家の鍵を渡してcocoの餌と水をあげるようにお願いしていたのでした。つまり、彼らは家に入れる=暗証番号を探してもらおう!と言うことになって、思い当たる場所をメールで連絡。とりあえず、その時点で既に12時くらいになっていたので、荷物を持ってもうバスターミナルへ直行。観光ももう終了です。ターミナルへ行くのにこの事件で極力お金を使わないのが第1優先の彼。なので「時間もあるし歩いて行く」なんて彼は言っていたのですが、私はそこそこ遠いことを知っていたので即却下!タクシー拾ってCTMのバス停まで行きました。
f0127349_21511452.jpg
しかし、バスは14時45分発。3時間弱ここで時間つぶしです。。。
ただ、時間があると色んなことを考えてしまう人間ですから、今後のこととか他に解決策がないかとか色々色々彼と考えたり、ため息ついたり、ゲンナリしたり、もう旅行の2日目と思えない程のテンションの下がりよう。。。苦笑い
今予約しているホテルをキャンセルするにももう既にキャンセル料が発生する時期に入っているし、とかもう頭の中はごっちゃごちゃです。インターネットの環境もないこの数時間は心臓に悪かったこと間違いなし。。。そうこうしているうちに、私たちが乗るバスが遅れながら到着。結局予定より遅れて15時15分頃出発しました。f0127349_21553456.jpg
ま、勿論長いバス旅中も寝るか(寝れるんかい!笑)カードの心配ばかり。そうしてバスの中に居る時に、友達夫婦より連絡が。私が言った場所(付近も含め)には全くもって暗証番号のカケラすらなかったらしいのですが、友人夫が1時間半程も諦めず頑張ってくれて、暗証番号発見してくれたのです!!!もう涙が出る程感謝感激。もう頭が上がりません。その節は本当にありがとうございました!!!

その後は、暗証番号事件も無事解決し、ホッとした私たち。
そして、無事長旅も終了しシェフシャウエン(Chefchaouen)へ到着。が、大大大大大雨。

タクシーも駅におらず、同じバスでここまで来た現地の人と一緒に知らない人のトラックに乗せてもらい(乗せてもらっといてなんですが、窓が閉まらないのか雨が入ってくる〜...)、ホテルの近くの広場で降ろしてもらいました。(勿論、有料でした)

そこから、ホテル(いや、ホステル)探し。本当に迷路の街で大変でしたが、どうにか無事到着。プリントアウトした地図ぐちゃぐちゃです。。。

たまたま、そこに泊まっているという日本人の女性発見。世界一周の旅してるんですって!面白そうなので、一緒に夕食を食べに行くことに。
よく分からないし、とにかく雨が酷いので、直ぐに見つけた適当なところにて。
f0127349_21525349.jpg

f0127349_215355.jpg
f0127349_21532860.jpg

彼が頼んだ牛のタジンだったかな。
f0127349_215412100.jpg
こちらは私が頼んだクスクス。何のクスクスか忘れましたが・・・
f0127349_215445100.jpg


そして、大雨はまだまだ続き、雨漏りのするホステルで、温かくぐっすり寝るのでした。。。
ちなみに、ホステルですが個室で値段の割(2人で個室で18ユーロ!)には良かったです!ただ、シャワーとトイレは共同なので、シャワーは1日だけだしと言うことで浴びませんでした。。。(笑)

1泊目の宿:Dar Yanis(ダール・ヤニス)@ラバト
2泊目の宿:Casa Amina(カサ・アミナ)@シェフシャウエン



長くなりましたが...3日目につづく。



f0127349_1534584.gif




いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2014-03-14 23:49 | ●Maroc~モロッコ~

モロッコ旅行の記録 2日目(ウダイヤカスバ)。〜2014/02/08-15〜

写真をアップしてたらもの凄い数の写真になったので、2日目のほぼメインの観光となったウダイヤカスバ(Kasban des Oudaias)の様子を紹介します。

2日目。
2014年2月9日(日) ラバト観光とシェフシャウエンへの移動の日(Rabat⇒Chefchauen)

移動のストレス等で疲れていると思いきや、私も彼も7時前に目が覚めお喋りしていたら、誰かの携帯が鳴り、30秒後くらいに切ったのか、切れたのかいかにもモロッコ風音楽が鳴り止み、シーンと。と思ったら、また同じ音楽が!また30秒くらいで切れる。これが何度か繰り返され、お客の一人がその音楽の主に超キレキレ(笑)という、なんとも騒がしい朝でした。が、私たちは既に目も覚めていたので笑っておりました。犯人は次回!(乞うご期待!笑)

この騒動で、完全に目も覚めたのでシャワーを浴び朝食前に観光することに決定!

8時前にホテルを出て、目指すはホテルからすぐ近くにあるウダイヤカスバ(Kasban des Oudaias)。
まずは、ホテルを出るとこんな感じ。昨日の夜のゴミいっぱいのメディナがキレイサッパリ(でもないけど)片付いています!ね!?
f0127349_18355384.jpg
f0127349_18364087.jpg

f0127349_19242289.jpg
f0127349_19244353.jpg

f0127349_18391210.jpg
f0127349_19242884.jpg

メディナの外になるのでしょうか?ここを真っ直ぐウダイヤカスバを目指します。
f0127349_18491084.jpg
f0127349_18523771.jpg

f0127349_19244574.jpg
f0127349_19245995.jpg

f0127349_1925320.jpg
着きました!これこれ!f0127349_19252145.jpg

でも、ちょっと奥の方をまずは拝見。
うわ〜!海だ。大西洋だ!しかし波が高いこと!!!
f0127349_19251542.jpg
近くにはお墓もたっくさんありました。さて、気を取り直してウダイヤカスバ!f0127349_19284652.jpg


f0127349_192712.jpg
f0127349_19282120.jpg

f0127349_19292473.jpg
門?だけど、ここからではなく、直ぐ横から中に入ります。f0127349_19293928.jpg
中は...想像もしてなかった感じです!
f0127349_1945517.jpg
f0127349_1930427.jpg

f0127349_19302822.jpg
f0127349_19301254.jpg
ご覧の通り、白と青の街。ギリシャみたい(笑)
ここは10世紀にベルベル人によって作られた要塞が作られたのが始まりなんだとか。
f0127349_19114080.jpg
f0127349_19295692.jpg
そうそう、これ。赤い丸のところ誰かが寝ていました。。。汗


入口近くにあったカフェ?でお茶してただいぶちょっと臭う小汚い偽ガイドのおっちゃんが私たちを見つけたとたん、ゆるりゆるりとついてきます。私が写真をパシャパシャ撮ってるのであっという間に追いつかれ、ガイドを始めます。モロッコの偽ガイドの多さはガイドブックでも読んで知っていたのですが、なんだか哀れなおじさん風で断るにも断れない私たち。。。で、結局最後まで一緒に行くことに。でも、この要塞中は迷路みたいなので、彼大活躍でした!

さて、続きの写真たち。f0127349_20122696.jpg
f0127349_20124579.jpg

f0127349_20125145.jpg
f0127349_2013142.jpg
↑ここは猫が宝物を見つけ出したと言うお家。左上の四角いタイルには猫が描かれています。
f0127349_20132422.jpg
猫の家から目と鼻の先の眺めのいい広場?f0127349_2013409.jpg
f0127349_20135980.jpg

f0127349_2014823.jpg
f0127349_2014383.jpg

f0127349_20145473.jpg
f0127349_2015628.jpg

f0127349_20152585.jpg
f0127349_20155093.jpg

f0127349_2015596.jpg
f0127349_20161565.jpg

f0127349_20163353.jpg
ここはその臭いおじさんお薦めの眺めの良いところなんだとか。私の写真がヘタクソなだけ!?

f0127349_20165265.jpg

f0127349_20171384.jpg
最後に、この街で見つけた、私好みの扉たち。
f0127349_193123.jpg

f0127349_2012148.jpg
f0127349_20142688.jpg

f0127349_20172060.jpg


本当迷路です。おじさんのお陰で、無事出て来れました。手持ちのわずかながらの小銭をおじさんに渡してお別れです。


さて、次はハッサン塔とモハメド5世の霊廟を目指します。(アラブ語で何て書いてあるかわかりません)
f0127349_20175073.jpg
が、その前に、一瞬通ってしまったカオスな場所。。。
f0127349_20173853.jpg
ここはまだ終わりの方だから良いけれど、人も環境も雰囲気も空気ですら異次元に感じました。。。だいぶ怖かった。。。ちょっとは伝わるでしょうか??


2日目後半につづく。


f0127349_1534584.gif




いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2014-03-13 21:24 | ●Maroc~モロッコ~

モロッコ旅行の記録 1日目。〜2014/02/08-15〜

実は引越以来、カメラから写真を取り込むという作業を全くしておらず(パソコンも古く容量がいっぱいで重いのもあり)ケーブルが見つからずに更新できませんでした。。。苦笑い
が、ようやく無事見つかったので早速モロッコの珍道旅日記でも書き始めたいと思います。

2014年2月8日(土)

飛行機が16時半出発の便を取っていたので、お昼の電車でトゥールーズまで。トゥールーズでモロッコに行く前にフランスのケバブの味を再確認する為に(単にそこしかなかったと言うことは秘密で)駅前のケバブで腹ごしらえ。
食べたらGare Routiere(バスターミナルみたいな感じ)から出る空港行きバスで空港まで。
空港ではチェックインを済ませ、換金するかしないか悩んだのですが、しないことに!
※フランスから行く方はフランスで換金するより現地でやった方が断然換金率は良いです☆

さて、時間つぶしもボチボチ終わり、エアー・アラビアと言う今回初めて知った飛行機に搭乗!
今回は行きはトゥールーズ⇒カサブランカへ!勿論直行便です。わくわくドキドキのモロッコ旅行開始です♪

飛行機に乗り、通り越しのお隣さん(若い女の子)が出発前に電話で『カサブランカの空港に18時過ぎに迎えに来て。ラバトには何時頃着くかな?』などという会話をめざとくもしっかり聞いていた私の彼。(笑)そこで私に「あの子カサブランカ空港からラバトまで行くんだって!空港からの行き方を聞いてみようか。」と言うので、「えー、もう良いよ。自力で何とかなるって〜」なんて言っていたのに、結局聞く始末(笑)そしたら、なんと車で友達が来るから場所に余裕があれば一緒に乗って行っても良いよ!と天使のようなお誘いが!彼も大喜びの様子でした。ちなみに、彼女は電車での行き方は知らないとのことでした。。。

さて、2時間程の空の旅。ガイドブックを見直してテンションを高めます。

例の彼女が空港のイミグレは超時間がかかるから急いで!と言うので、私たちも彼女のあとを追い急ぎます。そして、イミグレはどのラインも既に長蛇の列。彼女のあとに続いて並ぶもなかなか進みません。たぶん、15分くらいは並んだんでしょうか、結局、彼女→彼→私と言う順番にイミグレに対応してもらい、フランス人でない私はやっぱり他の人より若干長かった為、この間に彼女は消えておりました。(笑)
彼は荷物を取って彼女を捜したらしいのですが、彼が出た時点でももう居なかったとか。しょうがないので、もともとの予定通り電車でラバト入りを目指します!

空港から電車乗り場は直ぐに見つかり、切符を購入しようと思ったら、カードもダメユーロもダメって困っていたら、私たちの前で買っていたおじさんが、(モロッコのディラム)お金を貸してくれました。急いでいた(例の女の子探ししてたり)のもあり換金するのを完全に忘れていたのです。。。
ちなみに、カサブランカ空港からラバト・ヴィル駅までは150ディラムだったので、彼に15ユーロ渡しました。それでもって、そのおじさんと話してみると、彼、在仏モロッコ人でなんと同じTarn県の第2の街キャストルから来たおじさんだったのです(笑)お互いに同県と言うことでちょっとリラックスしながら電車に乗り込みました。
しかし、私たちが乗った電車の車内が暗いこと暗いこと。ま、どうでも良いけど。そして、止まる駅がどこなのかサッパリわからない始末。キャストルから来たおじさんも私たちと同じくラバトまで行くので安心していたら、Casa Voyage駅で降りそこないそうになったり。。。私たちが他の人に聞いたお陰で周りの乗り換えの人も降り始めました(笑)
で、降りたら乗り換えするはずが、乗り換える電車がわからん。。。モロッコ人のキャストルのおじさんもわからん。アラブ語で駅員さんみたいな人に聞いたのに間違っていたり。
最終的に乗り換え電車に間に合ったので良かったですが、ハッキリ言って疲れました。。。そして、座席も満席に近い!空席を見つけたので良かったですが、結構乗り降りも激しい線のようです。

という訳で、無事Rabat Ville(ラバト・ヴィル)駅に到着しました。
f0127349_048535.jpg
そこから予約しているホテルと言うかDar(リアドの小ちゃい版?)まで行くのに、地図片手にどっちに行って良いのかわからず(道の名前がフランスのように無いので)、警察らしき人に聞いてみたらこっちって指さして教えてくれました。

旧市街のメディナまで駅からだいたい歩いて15分くらい。
今度はこのメディナから宿を探します。それまでの道のりは、何かもう『凄い』の一言につきる感じ。何が凄いって全てが凄い。売られてる物、売ってる人、それを買う人、空気、環境、とにかく全てが『凄い』感じ。荷物もあるし着いた時の賑わう人と環境は写真に収められませんでした。

どうにかこうにかして、今日の宿を発見。これでひとまず安心です。
今回私が予約したのはDar Yanis(ダール・ヤニス)と言うところ。
お部屋はこんな感じで、良い感じです♪
f0127349_028213.jpg
f0127349_029534.jpg

f0127349_0293795.jpg
f0127349_0292431.jpg

入口はこんな感じ。f0127349_0332148.jpg
階段を上ってf0127349_0325543.jpg

f0127349_0343124.jpg
ラランプがお洒落♪f0127349_0492648.jpg

中庭?
f0127349_0483196.jpg
夜のテラスも。
f0127349_0334496.jpg

こんな感じで、良い雰囲気です。着いたらウェルカム・ミントティーとお菓子を頂きました。
f0127349_0262125.jpg
f0127349_0274055.jpg

喉カラッカラだったので、ミントティー一気飲みです(笑)

荷物を部屋に置き、時間ももう遅いので早めにご飯食べにまたメディナへ歩き出します。
f0127349_0154737.jpg
ここ↑はまだホテルの近くなので割と歩くスペースがあります。

こっち↓はメディナの入口。わかりにくいんですが、凄い人と出店の数なんです。怖いので警察に教えてもらったレストランを聞いてる時にパチリ。
f0127349_0155978.jpg

聞いてたレストランは直ぐそこ(警察のとこからすぐ近く)にありましたが、遅かったのでお断りされました。残念。
f0127349_0163528.jpg
結局、もうよく分からないし、お腹に入れば何でも良いよ!と言う訳で、ケバブ屋さん(またかよ!)みたいなとこへ。
机のタイルが美しいですが、テーブル自体はベタベタ。。。
f0127349_0492479.jpg
彼が頼んだラムステーキ。普通。
f0127349_0494757.jpg
私が頼んだチキンケバブ。フランスで食べる方が好み(笑)チキンなのでサッパリです!

f0127349_0494917.jpg
で、ここで一番美味しかったのがこれ。真っ赤なソース!!!食べ散らかしたあとで失敬。上の塊はハリッサと言う辛ーいけど、旨い♪
f0127349_051988.jpg


お腹いっぱいになり、お散歩しながらホテルの帰ります。

この夜、唯一キレイだなーと思ったところ。でもやっぱり、出店が!f0127349_021217.jpg
食べた後は出店も店じまい。店が無くなったあとは...悲惨。f0127349_0224179.jpg

開いてるお店もチラホラ程度。f0127349_024519.jpg
で、道の真ん中にゴミ袋。収集車でも来るのかな?f0127349_024437.jpg



そんなこんなで、無事ラバトを満喫し始めたわけです。

2日目に続く。

f0127349_1534584.gif




いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2014-03-12 01:57 | ●Maroc~モロッコ~

寒い2月はモロッコへ。

題名通りなのですが、

『寒〜いフランスの冬を暖かいどこかで過ごしたいね』

と言う、私と彼。

『でも、お金もあんまないしなー。。。』

で、決まった行き先が安くて近い

Maroc(仏語でマロック、モロッコ)な訳です。

先日、無事航空券も購入。

後は宿を予約しなきゃだったのですが情報が少ないモロッコ。

そこで、日本から本取り寄せました!(毎度のことだけど、母、ありがとう!)
f0127349_22232686.jpg
地球の歩き方大好きな私だったのですが、安い古本がみつかたらなったので、こちらの2冊に。

1つはarucoモロッコ。

これ、正直私あんまりでした・・・苦笑い

日本の金銭感覚の女子には楽しく書かれてると思いますが、

フランスの生活が染み付きつつあるケチな私にはダメ。(笑)

それに、女の子女の子し過ぎ。キャピキャピし過ぎ!正直私には無理があるなーという感じ。苦笑い

もう1つのサラムモロッコ。

これはなかなか良いけれど、浅く広くという感じ。

昨日の寝る前だけで、2/3以上読めちゃいました。

やっぱ定価出してでも地球の歩き方にしておけば良かったかな!?という思いが。

でも、口コミだと地球の歩き方のモロッコもあまり評判良くないみたい!?どうなんだろうか。。。

とりあえず、これだけしかないのでこれで情報収集し、宿の場所とか研究しようっと!

モロッコの旅の経験がある方、情報求む!(笑)

ちなみに、予定ではラバト、フェズ、マラケッシュに行く予定です。


14 aruco モロッコ (地球の歩き方aruco)

ダイヤモンド社
売り上げランキング: 75,460

サラムモロッコ
サラムモロッコ
posted with amazlet at 13.12.11
大西 久恵
書肆侃侃房
売り上げランキング: 175,497

f0127349_2311543.gif





いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2013-12-11 22:45 | ●Maroc~モロッコ~


カテゴリ
以前の記事
◆お知らせ◆
毎日の1ポチは元気の素♪
今日も1ポチ宜しくお願いします☆↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

私も利用しているお薦めのホテル予約サイト♪
理想のお宿が見つかります!
f0127349_1534584.gif


コチラに記載の写真・文章等の転載は×禁止させて頂きます。リンクはフリーです。ブログへの感想、ご意見等大歓迎!元気の素です、お気軽にコメント残してってください☆
尚、コメントは認証制とさせて頂きます。当ブログと関係のないコメントは消去させて頂く場合があります。ご了承下さい。

ブログパーツUL5
______________________

◆お気に入りのブログさん◆

司教都市アルビ~Cité épiscopale d'Albi~
アルビへ来る方にお薦め☆超ご近所のカイヤスさんが綴る、アルビの観光情報や街の歴史が学べる賢いブログ。住んでる私もこれで学んでます♪
旅するような生活in南西フランス
アルビにてご近所のなでしこさんが綴る生活旅行ブログ。旅行大好きが高じて日本人向けトゥールーズ・ボルドー発の現地ツアー会社を始めました。興味のある方はコチラ↓↓↓のサイトよりどうぞ♪
南西フランス現地ツアー会社「ラミティエ・ボワイヤージュ」
u-description
大学からのお友達、u-cocoが綴る毎日ブログ♪毎日頑張って偉いぞ〜!
フランス田舎生活〜dans nos campagnes
フランス在住(ロワール地方)、フランス人の旦那様と幸せに暮らすeummieさんの素敵なブログ♪
今、パリに行きます
2007年〜2008年パリで生活した、vivre_a_parisさんの楽しい生活ブログ♪
______________________

ライフログ
◆お薦めの映画◆
大好きなミシェル・ゴンドリー監督の新作!
ムード・インディゴ~うたかたの日々~(特別編) [DVD]
ムード・インディゴ~うたかたの日々~(特別編) [DVD]

見たこと無い方は是非!お薦めです。
永遠の僕たち [DVD]
永遠の僕たち [DVD]

良い映画そのものです。
人生はビギナーズ [DVD]
人生はビギナーズ [DVD]

監督ガス・ヴァン・サントも最高。そしてショーン・ペンの演技力には脱帽です!
ミルク [DVD]
ミルク [DVD]

ガエル・ガルシア・ベルナル最高!
恋愛睡眠のすすめ [DVD]
恋愛睡眠のすすめ [DVD]

生きることそして、死について真剣に考える!
ぼくを葬る [DVD]
ぼくを葬る [DVD]

内容はともかく、色がキレイで音楽が最高!ソフィア・コッポラのセンスが活きてます☆
マリー・アントワネット (通常版) [DVD]
マリー・アントワネット (通常版) [DVD]

パリ&フランスが好きなら絶対外せない!
アメリ [Blu-ray]
アメリ [Blu-ray]

私のお気に入り映画のトップ10絶対入ります!
エターナル・サンシャイン [Blu-ray]
エターナル・サンシャイン [Blu-ray]

初めてみた時の衝撃は忘れません!
ターネーション [DVD]
ターネーション [DVD]


◆お薦めの本◆
パリの街をメトロでお散歩 (地球の歩き方BOOKS)
パリの街をメトロでお散歩 (地球の歩き方BOOKS)

私のお薦めガイドブック↓↓↓。地球の歩き方に飽きたら是非これを♪
パリノルール(2006年改訂版)
パリノルール(改訂版)

改訂版 ガイドブックにないパリ案内 (FIGARO BOOKS)
改訂版 ガイドブックにないパリ案内 (FIGARO BOOKS)

A06 地球の歩き方 フランス 2015~2016 (ガイドブック)
A06 地球の歩き方 フランス 2015~2016 (ガイドブック)

「フランスの美しい村」 全踏破の旅
「フランスの美しい村」 全踏破の旅

______________________

◆現在のフランス時間◆

お気に入りブログ
ブログパーツ
タグ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧