chocolat et moi ~パリに恋して~@France


2007年8月末渡仏。ポワチエ⇒アルビにて仏人の彼+猫1匹と共に生息中。美味しい話、旅の話それから日々のことを綴っております。フランス在住の方も、そうでない方も仲良くして下さい♪
by goody0430
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:●レシピ付き日記( 15 )

我が家流Boudin aux Pommes(ブダン・オ・ポム)。

これ(以下の写真①原形というやつ)、見たことありますか?

これが何だかわかりますか?

もちろん、う●こじゃないですよ。めっちゃそういう色してますが。

答えは、Boudin noir(ブダン・ノワール)又は

Boudin noir aux oignons(ブダン・ノワール・オ・オニオン)と言われる豚の腸詰めの1つです。

詳しくはwikipediaをどうぞ!wikiではブダンではなく"ブーダン"となってますね!
そんなんどーでも良いか。。。(笑)

見た目がめちゃくちゃ悪いので、最初私も抵抗していたのですが(特に火の通ったレバー嫌いだし)、

食べてみると、結構イケマす!?よね!?徐々にですが、抵抗なく食べれるようになりました。

豚の血が入っている分、鉄分たっぷりで栄養たっぷりです。

そして、何より私の彼が大好きなので家ではちょくちょくこれを食べているのです。

さて、そんな、我が家の超簡単なBoudin aux Pommes(ブダン・オ・ポム)のレシピをご紹介。

用意するのはブダン・ノワールとリンゴ。以上。塩こしょうすらも要りません!
でも、日本じゃブダンを入手するのが大変か...

<材料>2人分
●ブダン・ノワール  2切れ又は好きなだけ
●リンゴ       大なら3~4個、小なら5~6個程

※1、ブダンはアペリティフなど生で食べるようなものではないものを使用下さい。
※2、ブダンはスーパーなどには2〜3個入りのがありますが、お肉屋さんで買う場合は量り売りなので、2人分って言ったら良いかもしれません。写真①のはお肉屋さんで買ったものです。
※3、リンゴは今回たまたま家にあったFujiとGala(どちらも甘い)を使用。お薦めは生だと甘酸っぱい種類のが良いらしいです。

<作り方>って言う程でもありませんが、一応。面倒な方は写真のコメント通りで簡単に出来ます!
1、リンゴを切り、フライパンで炒める。(油は入れていませんが、くっつき防止程度に入れても良いと思います。)ちなみに、炒める時間はリンゴのきった大きさにもよりますが、私の場合15分程だったかな。(参考:写真②)
2、リンゴに火が通ったら、ブダンを投入。(参考:写真③)
3、ブダンにも火が通ったら完成!熱々を頂きましょう♪色が色なので火が通ったかどうかわかりませんが、だいたい10〜15分くらい火にかけます。(参考:写真④)
f0127349_21574194.jpg

出来てお皿に盛りつけた写真は特に美しくもないので、敢えてありません。悪しからず。

ブダン・ノワールが手に入ったら、

もしくはこれを見て食べてみたいなーと思った方は是非挑戦下さい!感想お待ちしております。(笑)

フランスじゃ、結構メジャーな?(家だけかも)お料理(という程料理してないけど)です。

お試しあれ♪




ブーダンブラン
ブーダンブラン
posted with amazlet at 14.04.25
ハムのシャルキュトゥリ・コイデ
売り上げランキング: 63,799




いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2014-04-25 22:46 | ●レシピ付き日記 | Trackback | Comments(0)

フランス風いんげんのふにゃふにゃ炒め(我流です、悪しからず)。

実は私、フランスに来るまでいんげんが好きじゃなかったんです。

だって、日本のいんげんって歯ざわりが悪いと言うか、"キュッキュ"って言うでしょ?

それが普通の方に取っては良いのかもしれないのですが、私は大の苦手!本当ダメなんです。

が、フランスで出会った数々の野菜たち、ほぼみーーーーんな、

くにゃくにゃふにゃふにゃで歯ごたえなんてあったもんじゃありません!

それで、効を奏したものが今回のいんげん!

私、フランスに来て、いんげんを食べれるようになりました。パチパチパチ♪(笑)

こちらではよくお肉の付け合わせに出てくるいんげんですが、どこで食べてもふーにゃふにゃ。

それで、ハマって自分でも作るようになりました。

そんな簡単で適当なレシピですが、ご覧あれ。

<材料>
いんげん   好きなだけ
にんにく   1かけ
バター    15g程?実はいつも適当に切っていれてるので...
(バターではなくオリーブオイルなどのオイルでも美味しく出来ます)
塩・こしょう 少々
マッシュルーム、エシャロット(たまねぎ)等、適当に入れたいもの冷蔵庫にあるものを入れてもOK。
※私はよくマッシュルームかエシャロットを入れますが、いんげんだけでも勿論大丈夫!

<作り方>
1、たっぷりのお湯でいんげんをしっかりしーっかり湯がきます。(目安としては色が変わり、くたーっとした感じになるまで)
2、ゆであがったら、弱火でバターににんにくを入れ香りを出す。マッシュルームやエシャロット等を入れるときはこの後に火を中火以上にして入れる。
3、最後にゆであがった既にふにゃふにゃの色の悪いいんげんを炒め、塩こしょうで味を整え完成!
f0127349_2025577.jpg
注意!こちらの写真↑↑↑は加工して色鮮やかにしております(笑)でも、正直この時若干茹で足りなかったな。。。><

という訳で、あっという間&簡単にフランス風いんげんのふにゃふにゃ炒めの出来上がりです。

お手軽にご家庭でもフランスを感じれますよー。(笑)

ちなみに、私は使ったことがありませんが、フランスのクノールからはこんなものが発売中。
f0127349_20891.png
レンジで簡単にいんげんの付け合わせが出来るんですって。

このパッケージのいんげん超固そうですけど、レンジに入れる前なのかな?

こんな状態でフランスで付け合わせに出たの見たことありませんからね。(笑)






いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2013-10-21 20:45 | ●レシピ付き日記 | Trackback | Comments(0)

ジリ風牛ほほ肉の煮込み/Joue de boeuf à la GIRI。

以前、アヌシーで食べたほほ肉(その時は豚だったはずだけど)が忘れられない程美味しかったようで

先週の土曜日、マルシェのお肉屋さんで牛のほほ肉を見つけた彼は、大興奮で即購入。

がしかーし、私はどうやって食べたら良いかなんて知る訳も無く、勿論グーグル先生頼り。

で、見つけたレシピ。

美味しかったので、私自身も忘れないように覚え書き。(笑)

ジリ風牛ほほ肉の煮込みJoue de boeuf à la GIRI

<材料>
●牛のほほ肉     800g
●たまねぎ      2つ
●にんにく      大きめを1カケ
●市販のトマトソース 250g
 又は
 トマトペースト   量は不明(私はペーストでもなくトマトピューレ200mlのを1パック使用)
 又は
 生のトマト     4つ
●ピーマン      2つ
●トウガラシ     1つ(お好みで!無くてもOK)
●オリーブオイル   大さじ3
●塩・こしょう
●クスクス用香辛料

※1、私は生のトマト(小さめ)3つとトマトペーストを入れました。
※2、フランスのピーマンは日本のサイズよりかなりデカイのでお好きな方は多めの方がいいかもしれません。私はあまりピーマンが好きではないので、緑のピーマン半分と赤のパプリカを1つ使用。
※3、私はトウガラシ入れませんでしたが、クスクスの香辛料に辛みが入っていたので丁度良かったです!辛いのがお好きな方だけトウガラシは入れると良いのかなと思います。
※4、実際に作った方の感想で「人参を入れても美味しい」とのことで、私も人参2本入れました。


<作り方>
1、にんにく、たまねぎ、ピーマンは好みの大きさに切り、ほほ肉は大きめのサイコロ切り。それらを熱したオリーブオイルで炒める。
2、軽く火が通ったら、トマトソース又はトマトペースト(ペーストしようの場合はコップ2杯の水も加える)又は生のトマト(皮を剥き、中のタネを取り除いたものでざく切り)を加える。
※私は面倒くさいので、生のトマトそのまま(皮付きタネあり)で投入。
3、塩・こしょう、クスクスの香辛料を加える。
4、時々混ぜながら、弱火で2時間煮込み、完成。

ご飯、パスタ、じゃがいも、クスクスのと一緒にソースとして食べれます。

で、完成したものがコチラ↓↓↓。カッペーリーニのパスタと共に。
f0127349_17411767.jpg
お肉があまり見えませんが、柔らかくソースも美味しい♪

前日はクスクスと一緒に食べました。

煮込む時間を考えると若干長いですが、でもでも、手間はそんなにかからず美味しいので、

クスクスの香辛料がお手元にあれば是非是非試して頂きたいレシピ!



いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。


にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2013-10-16 18:26 | ●レシピ付き日記 | Trackback | Comments(0)

ロースト豚のマスタード&蜂蜜焼き/Rôti de porc à la moutarde et au miel




昨日は腰の調子も良かったのですが、調子のって薬を飲まずにいたのが悪かったのか、

朝方から寝返りする度にビリビリと痛みが...朝いちで痛め止めの薬を飲んだのですが。

そんな調子の良かった昨日、夕飯に作ったお料理をご紹介。

ロースト豚のマスタード&蜂蜜ソースのオーブン焼き
(仏語⇒Rôti de porc à la moutarde et au miel)

超簡単な割に、なかなか美味しかったので是非お試しあれ♪

<材料>約6人分
豚かたまり肉    1つ(だいたい1~1.2kgのもの)
マスタード     大さじ1
蜂蜜        大さじ2
にんにく(擦りおろす)1かけ
たまねぎ(輪切り)  2つ
チキンブイヨン   250cc
塩・こしょう    少々
※レシピ原文だとマスタードはフランスのディジョンのものをとなってますが、普通ので大丈夫。
※チキンブイヨンは、私は市販の固形のものを半分にしてお湯に溶かして使いました。コレ↓
f0127349_20552612.jpg
<作り方>
1、ボウルなどにマスタード、蜂蜜、にんにく、塩・こしょうを入れ混ぜておく。
2、1で作ったソースを豚にまんべんなく塗る。
3、輪切りにしたたまねぎをオーブン対応の耐熱鍋もしくは耐熱皿に敷き、たまねぎの上に2のソースが絡まった豚かたまり肉を置く。
4、3に鶏のブイヨンを入れ、蓋をし、180℃に温めたオーブンで1時間半焼く。
以上。
f0127349_2152250.jpg

※写真はにんにくを擦りおろすのを忘れ、急遽みじん切りにしたものを塗ったくりました。苦笑い

という訳で、超手抜き!!!(笑)

簡単に言えば、ソース作って、塗って、あとはオーブンに入れるだけ♪

これで、柔らかいローストポークの出来上がり!

下に引いたたまねぎもとろーり、良い感じになってます。

付け合わせは、じゃがいもでもご飯でもパスタでも何でも合いますよ。

私が今回作った付け合わせはまた次回にでも!これまた簡単です(笑)


いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2013-10-10 21:09 | ●レシピ付き日記 | Trackback | Comments(0)

皮から餃子を作った!の巻。

パリみたいな大都会に住んでれば、餃子も簡単に入手可能!

しかーし、ここはアルビ...

トゥールーズに出るのにだって1時間弱かかっちゃうような小さな町でして。。。

そんなところで餃子は手に入らない訳ですよ。。。

が、ネットサーフィン(って今でも言うのかな?)していて見つけたレシピで

もう、猛烈に餃子が食べたくなってしまった私。

友人に餃子の皮用伸ばし棒を借り、昨日の夜に皮を、

そして今朝餃子の中身を作り、お昼ご飯に間に合うように完成!!!
f0127349_21577.jpg
意外と、美味しそうに見えるでしょ?

そして、我ながら美味しゅうございました♪

皮は薄くーって書いてあったので、薄くしたらどうも薄過ぎたよう!?苦笑い

ま、これも経験ですね。

でも、まー、見た目は悪くないでしょ?!味もまぁ良しってな感じでしたし。

参考にしたレシピはこちら⇒☆ほっぺが落ちちゃう 餃子☆

日本のように豚の挽肉が普通に売ってないので、今回は簡単に手に入るソーセージ用の味のついてある豚挽肉を使用。その為、味付けはあまり濃くしないように調節したり。ニラが手に入らないので、その分にんにくを多めに入れてみたり。色んな工夫?で美味しい焼き餃子が食べれて幸せでございました♪

次回は皮をもうちょっと調節してみようっと!!!





いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2012-12-07 21:14 | ●レシピ付き日記 | Trackback | Comments(4)

オリーブ作り。~収穫から食べるまでの道のり~その3

はじめからという方は、こちら↓↓↓
⇒「オリーブ作り。~収穫から食べるまでの道のり~その1
⇒「オリーブ作り。~収穫から食べるまでの道のり~その2(への準備&途中報告)
⇒「オリーブ作り。~収穫から食べるまでの道のり~その2
もどうぞ。

さて、前回のオリーブ作りの更新からだいぶ時間が過ぎてしまいました。失敬。

実は、行程2の後2週間放置するのでしたが、その間に表面にカビが出て来ておりまして・・・
毎日ある分を取るのですが、やっぱり細菌があるんでしょうね、毎日少しずつ出来るんです。
カビがあるのをどうなの?と思いつつも、捨てるのもなーと思ってしまう、超貧乏性のため、この後食べないにしても、捨てられない性分。。。
結局、この行程の2週間後に水を切った状態で(しかも、カビのことがあったので、行程にはなかったのですが水でゴシゴシ洗ったのでした。)、友人宅へ持って行き、相談しつつとりあえず行程3へ移ったのでした。友人も、勿体ないしやるだけやってみようと言うことで、行程3へ。

と言っても、行程3は2と同じ。ただそのまま放置する期間が2ヶ月になるだけです。

という訳で、工程3。
行程2と同じなので、使う材料も同じもの。なので、手抜きで前回のコピーです。。。
その2(への準備&途中報告)の準備で用意した材料のおさらい。
ちなみに、これらはオリーブ1kgに対しての材料の量です。
-------------------------------------------------------------------------------
フェンネル(フランス語でFenouil「フヌイユ」と言います。)  1個
タイム                           少々
ローリエ                          1枚
塩                             200g
水                             2リットル     以上。
-------------------------------------------------------------------------------

RECETTE DES OLIVES~オリーブのレシピ~
1、オリーブを水に浸し、1日3回水を交換し、12日間これを続ける。
2、上記材料のお塩を水に入れ5分ほど沸騰させ、半分に切ったフヌイユを1かけ、タイムを枝ごと1本、ローリエの葉1枚を沸騰した塩水へ追加する。鍋を火から下ろし、熱い塩水にオリーブを投入し、そのままの状態で12日間漬けておく。
今回の作業はこの「3」↓↓↓です!
3、上記材料のお塩を水に入れ5分ほど沸騰させ、半分に切ったフヌイユを1かけ、タイムを枝ごと1本、ローリエの葉1枚を沸騰した塩水へ追加する。鍋を火から下ろし、熱い塩水にオリーブを投入し、そのままの状態で2ヶ月間漬けておく。ちなみに、下の写真のようなボーカルと呼ばれる瓶に入れます。
f0127349_4121744.jpg
※引き続き、私の場合1.6kg程なので、上記の材料の1.5倍分の量を使用してます。

現段階は、相変わらず放置のみ。今日で約1ヶ月が経過。あと1ヶ月弱はこのまま放置です。f0127349_404854.jpg

f0127349_40119.jpg


ちなみに、今日の様子↑↑↑。
密封できる瓶(写真1枚目)は友人にも渡してあるんですが、何故かこの土瓶に入れてあります。
友人が言うには、一昨日くらいに味見したら、苦みが結構残っていて失敗だねーって言ってます。
私はどうしてもあのカビ(とは言っても大した量じゃないけれど)が気になって味見ができませんが。

さて、どうなることやら!?苦笑い

結構失敗作になる確率大きく、申し訳ないです・・・m(__)m



いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2012-11-12 04:34 | ●レシピ付き日記 | Trackback | Comments(2)

オリーブ作り。~収穫から食べるまでの道のり~その2

はじめからという方は、こちら↓↓↓
⇒「オリーブ作り。~収穫から食べるまでの道のり~その1
⇒「オリーブ作り。~収穫から食べるまでの道のり~その2(への準備&途中報告)」もどうぞ。

さて、今回は工程2。
その2(への準備&途中報告)の準備で用意した材料のおさらい。
ちなみに、これらはオリーブ1kgに対しての材料の量です。
-------------------------------------------------------------------------------
フェンネル(フランス語でFenouil「フヌイユ」と言います。)  1個
タイム                           少々
ローリエ                          1枚
塩                             200g
水                             2リットル     以上。
-------------------------------------------------------------------------------

RECETTE DES OLIVES~オリーブのレシピ~
1、オリーブを水に浸し、1日3回水を交換し、12日間これを続ける。
今回の作業はこの「2」↓↓↓です!
2、上記材料のお塩を水に入れ5分ほど沸騰させ、半分に切ったフヌイユを1かけ、タイムを枝ごと1本、ローリエの葉1枚を沸騰した塩水へ追加する。f0127349_17545262.jpg
※私の場合1.6kg程なので、上記の材料の1.5倍分の量を使用してます。

鍋を火から下ろし、熱い塩水にオリーブを投入し、そのままの状態で12日間漬けておく。f0127349_17533520.jpg

※これは↑↑↑沸騰した塩水にオリーブを投入した直後。結構、オリーブが浮き上がってます。

現段階は、放置のみ。今日で5日目。あと7日はこのまま放置です。f0127349_1756577.jpg
ちなみに、今日の様子↑↑↑。全てのオリーブが沈み、水の色も少しだけ濁っています。

そんなこんなで、放置なので本当に放置。

何にもしておりませんが、日に日に塩水が濁っていく感じ。

また、何か変化があり次第、更新しまーす!

つづく。



いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2012-10-09 18:34 | ●レシピ付き日記 | Trackback | Comments(2)

オリーブ作り。~収穫から食べるまでの道のり~その2(への準備&途中報告)

はじめからという方は、こちら⇒「オリーブ作り。~収穫から食べるまでの道のり~その1」もどうぞ。

さて、本日で工程1の1日3回水換え作業は12日目。つまり今日が最終日。

と言う訳で、まずは途中報告。
f0127349_1831290.jpg
この通り、オリーブの色がくすんできております。その1の時と比べてみる⇒その1の様子
最初はきれいなキミドリ色だったのですが、斑点が出始め、それが全体に、そしてほぼ全部のオリーブたちがこのように変色といった感じです。
そして、1日3回水を替えているにもかかわらず、灰汁のようなぶくぶくが出てました。写真にも少し写ってると思いますが、見えるでしょうか?(携帯カメラで画像が悪くってすいません)
ちなみに、この写真を撮ったのは10日目だったかな?水交換前の状態です。


で、次。

次はの工程への準備です。
f0127349_1831443.jpg
明日の作業のために、材料を調達してまいりました。

と言う訳で、材料の紹介。ちなみに、これらはオリーブ1kgに対しての量。
フェンネル(フランス語でFenouil「フヌイユ」と言います。)  1個
タイム                                    少々
ローリエ                                  1枚
塩                                      200g
水                                      2リットル   以上。

※このフェンネルとはなんぞや?と言う方はこちらをご覧あれ⇒ウィキペデア。それからたまたま見つけたサイト、きのまま。ともう一つのサイトフレンチ・コード。最後のサイトはフヌイユのレシピも付いてて良いかも!?
正直、私もなんぞや?と思ったうちの一人です。フランスではマルシェ等で見かけますが、日本でお見かけしないだけあり、私は触ったことすらなく、初めての購入となりました。笑
セロリみたいな味らしいですよ!

今日は写真に撮るだけの為に用意してみました。

いよいよ明日工程2を実行です。

そのお話はまた後日!


つづく。




いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2012-10-04 18:21 | ●レシピ付き日記 | Trackback | Comments(2)

オリーブ作り。~収穫から食べるまでの道のり~その1

みなさん、オリーブは好きですか?

私は、今は大好きですが、昔はあまり得意ではありませんでした。

日本ではあまり食べないですからね。。。

パリに1ヶ月居たときの語学学校の食堂でオリーブだけが食べ放題だったことから好きになった私。笑

ま、いつものように変な理由で好きになったわけです。


さて、先週の土曜日のこと。

彼の同僚兼友人宅にオリヴィエ(オリーブの木)が1本あり結構丸々と実がなっておりまして、

そろそろ収穫かなーなんて図々しくも狙っていたところ

「オリーブの収穫するから、おいで。でも今年は枝を少し切り落としてるからたいした量じゃないんだけど」と。

早速、みんな(と言っても3人)でオリーブの実の収穫。

小さなオリーブの木なのでアッという間に終了。でも楽しかった~♪

思っていたよりも多く、家に帰って量ったら1.6kg弱もありました!

さて、収穫は終わったものの、ここから食べるに至るまでの工程が長いのです。

と言う訳で、実際にオリーブの収穫から食べるに至るまでをメモ代わりにココに記録したいと思います。


RECETTE DES OLIVES~オリーブのレシピ~
1、オリーブを水に浸し、1日3回水を交換し、12日間これを続ける。
まずは現段階です。ちなみに、今日で3日目。あと9日は同じことの繰り返しです。
f0127349_17144085.jpg
こんな感じで毎日やってます。

最初の収穫したときよりも、オリーブに斑点が出てきてるんですが、大丈夫かな?

さて、美味しくできるかはまだまだ数ヵ月後にしか判りえませんが。。。どうなることやら?

つづく。(工程2になり次第更新予定!)


いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2012-09-25 17:52 | ●レシピ付き日記 | Trackback | Comments(2)

超大雑把な水ようかん作り。

時間のある時に!

ってことで、本日3つ目の記事。

明日は、朝からバタバタと忙しい予定なので今日のうちにと思って頑張ってます♪(笑)

ってのと、今日は朝早くから彼が1人でまたまた10キロ走の大会に参加する為

Montaubanまで行っているので、時間があると言うか暇なんで。(笑)

もうそろそろ帰ってきそうだけど、ま、大丈夫でしょう!


この土曜日にお向かいさんを招いて日本食を披露しようと約束していたのですが・・・

金曜に腰を悪くしてしまったお向かいさん。。。

残念ながらベッドに横になるか立っていることしかできず、椅子に座るという体勢が無理!

との事で、土曜の朝(お料理の買い物に行く前に)お知らせしてくれました。

が、日本食パーチーの予定だったので、勿論デザートも和でいこうと思ってた私。

金曜の夜から、あずきをふやかしちゃってたんです。

なので、これだけは使い切らないとと思い、予定通り簡単自己流水ようかんを作りましたー♪

◆材料◆
あずき・・・適量(恐らく、250〜300g程あったかと)
水・・・・・適量
砂糖・・・・適量
塩・・・・・少々
寒天パウダー1スティック(4g)
水(寒天用)・500cc程

レシピは・・・
ハッキリ言って、適当。ははは。大雑把にも程が有りそうですが。。。
下準備:厚手鍋にお湯を入れ、蓋をしたまま一晩あずきをふやかす。
①ふやかしたあずきの水だけ交換し、あずきに水がかぶさる程度水を入れ、弱火で煮る煮る煮る。
 水分が足りないようなら水を追加。
f0127349_22393074.jpg
煮てる最中です。↑↑↑
②あずきの豆がふっくらし柔らかくなったら、3〜4回に分けて砂糖を好みの甘さになるまで投入。
③最後に塩を入れる。あんこ完了。
④寒天パウダーを水から煮立て、あんこと混ぜ、容器に。
⑤あら熱がとれたら、冷蔵庫へ入れて冷やしてめしあがれ〜♪

出来上がったばっかで、あっつ熱の状態です。
f0127349_22435076.jpg
切った感じ。↓↓↓
f0127349_2352257.jpg
ご覧の通り、漉すことなんてする訳がない超面倒臭がりな私なので、粒あんの水ようかんですが、

とってもさっぱり美味しい簡単水ようかんとなりましたー♪

大雑把な方にはお薦めです!(笑)




いつも訪問ありがとうございます♪
今日もポチッと宜しくお願いします☆
コメントもお気軽にどうぞ。




にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
[PR]
by goody0430 | 2012-04-01 23:09 | ●レシピ付き日記 | Trackback | Comments(6)


カテゴリ
以前の記事
◆お知らせ◆
毎日の1ポチは元気の素♪
今日も1ポチ宜しくお願いします☆↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

私も利用しているお薦めのホテル予約サイト♪
理想のお宿が見つかります!
f0127349_1534584.gif


コチラに記載の写真・文章等の転載は×禁止させて頂きます。リンクはフリーです。ブログへの感想、ご意見等大歓迎!元気の素です、お気軽にコメント残してってください☆
尚、コメントは認証制とさせて頂きます。当ブログと関係のないコメントは消去させて頂く場合があります。ご了承下さい。

ブログパーツUL5
______________________

◆お気に入りのブログさん◆

司教都市アルビ~Cité épiscopale d'Albi~
アルビへ来る方にお薦め☆超ご近所のカイヤスさんが綴る、アルビの観光情報や街の歴史が学べる賢いブログ。住んでる私もこれで学んでます♪
旅するような生活in南西フランス
アルビにてご近所のなでしこさんが綴る生活旅行ブログ。旅行大好きが高じて日本人向けトゥールーズ・ボルドー発の現地ツアー会社を始めました。興味のある方はコチラ↓↓↓のサイトよりどうぞ♪
南西フランス現地ツアー会社「ラミティエ・ボワイヤージュ」
u-description
大学からのお友達、u-cocoが綴る毎日ブログ♪毎日頑張って偉いぞ〜!
フランス田舎生活〜dans nos campagnes
フランス在住(ロワール地方)、フランス人の旦那様と幸せに暮らすeummieさんの素敵なブログ♪
今、パリに行きます
2007年〜2008年パリで生活した、vivre_a_parisさんの楽しい生活ブログ♪
______________________

ライフログ
◆お薦めの映画◆
大好きなミシェル・ゴンドリー監督の新作!
ムード・インディゴ~うたかたの日々~(特別編) [DVD]
ムード・インディゴ~うたかたの日々~(特別編) [DVD]

見たこと無い方は是非!お薦めです。
永遠の僕たち [DVD]
永遠の僕たち [DVD]

良い映画そのものです。
人生はビギナーズ [DVD]
人生はビギナーズ [DVD]

監督ガス・ヴァン・サントも最高。そしてショーン・ペンの演技力には脱帽です!
ミルク [DVD]
ミルク [DVD]

ガエル・ガルシア・ベルナル最高!
恋愛睡眠のすすめ [DVD]
恋愛睡眠のすすめ [DVD]

生きることそして、死について真剣に考える!
ぼくを葬る [DVD]
ぼくを葬る [DVD]

内容はともかく、色がキレイで音楽が最高!ソフィア・コッポラのセンスが活きてます☆
マリー・アントワネット (通常版) [DVD]
マリー・アントワネット (通常版) [DVD]

パリ&フランスが好きなら絶対外せない!
アメリ [Blu-ray]
アメリ [Blu-ray]

私のお気に入り映画のトップ10絶対入ります!
エターナル・サンシャイン [Blu-ray]
エターナル・サンシャイン [Blu-ray]

初めてみた時の衝撃は忘れません!
ターネーション [DVD]
ターネーション [DVD]


◆お薦めの本◆
パリの街をメトロでお散歩 (地球の歩き方BOOKS)
パリの街をメトロでお散歩 (地球の歩き方BOOKS)

私のお薦めガイドブック↓↓↓。地球の歩き方に飽きたら是非これを♪
パリノルール(2006年改訂版)
パリノルール(改訂版)

改訂版 ガイドブックにないパリ案内 (FIGARO BOOKS)
改訂版 ガイドブックにないパリ案内 (FIGARO BOOKS)

A06 地球の歩き方 フランス 2015~2016 (ガイドブック)
A06 地球の歩き方 フランス 2015~2016 (ガイドブック)

「フランスの美しい村」 全踏破の旅
「フランスの美しい村」 全踏破の旅

______________________

◆現在のフランス時間◆

お気に入りブログ
ブログパーツ
最新のコメント
◆eummieさん あ..
by goody0430 at 20:55
明けましておめでとうござ..
by eummie at 19:57
◆ちゃんさん ありがと..
by goody0430 at 02:19
おめでとうございます! ..
by ちゃん at 05:42
◆ゆっきぃさん ありが..
by goody0430 at 04:39
うわ~、おめでとうござい..
by ゆっきぃ at 03:42
◆ゆっきぃさん 今回が..
by goody0430 at 00:19
アルビで盆栽のイベントが..
by ゆっきぃ at 22:25
◆ゆっきぃさん いえい..
by goody0430 at 20:06
こんにちは。 丁寧なご..
by ゆっきぃ at 23:58
タグ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧